This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.
Mid-career
事業開発(BizDev)
on 2019-08-05 678 views

医療×AIのスタートアップ!社会課題を解決する事業を生み出すメンバー募集!

株式会社Splink

株式会社Splink members View more

  • 日本が目指すべきは「長く、快適に、安全に生きられる国」
    高齢化課題先進国から、世界最先端のモデルを作る

    僕らがその役割を担うと自負できる仲間達と出会い、共にチャレンジしていく日々が楽しみで仕方ありません。

    慶應義塾大学卒業後、株式会社キーエンス入社。同社史上最年少でトップセールス、営業マネージャーに。北米駐在中、アメリカ、メキシコ、ブラジル等の事業開発、海外現地法人立上げ、及び現法経営業務に従事。北米留学中よりシリコンバレーVCにてIoT領域、及びデジタルヘルス投資調査、その過程で瀧教授と出会い、株式会社Splinkを創業。

  • 機械学習・データ分析・システム開発といった専門性を活かして、株式会社Splinkで商品デザインや、研究開発を含めた新規技術の開発作業を行っています。

  • 株式会社リクルートジョブズで営業、企画、新規事業に携わったあと、Splinkにジョイン。Splinkではビジネス側の統括、企画、人事などを担当しております。

What we do

◆脳科学とテクノロジーを通じて、人々の生活を豊かにする
当社では、「脳から新しいライフスタイルをデザインする」をミッションに、認知症リスクの超早期発見を実現するクラウドサービスを企画・開発しています。
認知症は誰しもが平等になる病気、治療方法のない病気、とされてきました。しかし、最近の脳科学研究では、疾病リスクの早期発見及び予防介入により疾病を未然に防ぐことができることが明らかになっています。当社は、世界的な高齢化が進む中で”高齢化課題先進国である日本”ならではの技術開発をしています。

◆高精度な画像解析力×社会実装
フランスのトップ脳科学研究所NeuroSpinを経て参画したBenjaminの10年以上の解析技術を製品化し、難易度高い脳画像解析も高速・高精度にできてしまうという技術レベルにまで創業半年で到達。
今までリスク判定サービスがなかった認知症分野において、医療機関でのサービス提供を可能にしました。高い画像解析技術や開発力だけではなく、技術の社会実装まで一貫して行っていくことができるのが当社の強みです。

◆認知症ゼロ社会を目指し、日本から挑戦を続ける
健診や人間ドックという文化が根付いているのは、世界中で日本と韓国だけです。それゆえ日本では世界中でも珍しい疾患予防という概念を優位に進めていくことができます。
高齢化先進国だからこそ得られる貴重な脳データを、ビジネスモデルでレバレッジし、世界に持っていくことができる堅牢なサービスを作り込むことで、世界が抱える高齢化の問題解決に一助を担いたい。その為の日本発と言えます。

2019年にJAFCOから資金調達を実施しており、これから成長スピードを上げていく刺激的なステージにあるスタートアップです。「認知症ゼロ社会を目指す」という大きな目標の実現に向けて、熱いメンバーが揃っています。

Why we do

◆なぜ、認知症という課題に取り組むのか?
2017年1月より、仙台市民の方々の協力も得ながら研究開発を進めて参りました。そんな中、研究チームに一通の手紙が届きます。
ーーーーーーー
現在、我が家には88才の女房の母がおります。
千葉の実家では86才の私の母が1人暮らしをしております。
それぞれ要介護3と2で認知機能の低下も日ごとに進んでいるのが現状です。
このような環境なので、御社の商品が一刻も早く世に出てくることを切に祈ります。
ーーーーーー
認知症及び軽度認知症を発症している人は日本で1,000万人近くおり、身近な人の認知症疾病の姿を見ながら、多くの人が不安な日々を過ごしています。
当社はこの手紙を送ってくださった被験者の方々、そのご家族と共に、認知症という社会課題に対して、テクノロジーとアカデミアの最適化をスタート地点に、ユニークなアプローチで商品を開発しています。

◆高齢化課題先進国から、世界最先端のモデルを作る
当社代表である青山は、株式会社キーエンスで同社史上最短でトップセールスとなり、海外現地法人の立上げや経営などに携わっていました。
メキシコ駐在時代、青山は父の脳疾患の事態を知り、専門医による検査で疾病がわかったものの、10年以上前から父は病気を患っていたことが明らかになります。この事実に強い憤りを覚えた青山は日本への帰国を決意。
その後キーエンスを退職して起業を意識し、医療先進国であるアメリカ・シリコンバレーやヨーロッパに渡り、ヘルスケア事情について研究します。認知症分野における有数の脳科学者の協力も得ながら、会社をスタートさせました。

How we do

◆なぜ今までこのサービスが無かったのか?
質の良い生体データを大規模に揃えていくことは極めて困難であり、世界中でも極めて稀少性が高いものです。さらに、このデータを用いたデータ解析、医療企画、ビジネスを最適に融合するチームが存在しなかったことが挙げられます。さらに、認知症は診断手法が『匠の技』に近く、専門医の中でも限られた人間のみが対応できるという、医療技術的にも難易度の高い病気です。
Splinkは大学機関と産学連携し、大規模なデータベースを構築してきました。これに、「脳科学研究者」と「高い技術を持つエンジニア」と「屈強なビジネスマン」の3者を揃え、 一気にスケールすることを狙っています。この3者を揃えられたことは奇跡的です。

◆高い志を持ったメンバーが揃う!当社の職場環境について
メンバーは11名。博士号を所持したAIエンジニアが4名、MBA所持者、リクルートの新規事業経験者、製薬メーカーの管理職経験者、医療機関経験者、デザイナーなど、ユニークさや柔軟性、高い志を持った刺激的なメンバーが揃っています。

Description

□【AI×医療のスタートアップで、脳画像データを活用した新規事業開発をお任せします!】
大規模な脳画像データと画像解析技術を用いて、新たなサービスや事業の立ち上げを共に行っていただく事業開発担当を募集します。
現在は、認知症リスクの超早期発見を実現するクラウドサービスの企画・開発を行っておりますが、今後は認知症領域だけではなく、独自の脳画像データを活用した様々な事業の立ち上げを予定しています。事業戦略からアライアンス、共同研究などの企画・推進まで一気通貫で担当できる、非常に裁量の大きなポジションです。

【具体的な仕事内容】
・新規事業及びサービスの企画立案・立ち上げ
・大学との共同研究、各企業とのアライアンス
・サービス拡充に向けた戦略立案・推進
・自治体や政府案件、アクセラレーションプログラムの調整

【社内の雰囲気・魅力】
■赤坂のオフィスで社長・エンジニア・ビジネスサイドが密に連携を取り、ワンフロアでプロダクトを作っています。
■マネジメント経験豊富なメンバーが揃っており、メンバー間でのストレスの無いコミュニケーションを重視しています。役員とメンバーの距離が非常に近く、年齢に関わらず自由に議論や提案が出来る環境です。
■エンジニアのメンバーは理科系博士号を持っているメンバーが多く、新規技術開発に対する理解度が高いです。また勉強会への参加などが積極的に推奨される環境です。
■G Suite,Slackなど新しいツールやチャレンジを積極的に取り入れて生産性を高めています。

【必須スキル・経験】
・企画系業務において1年以上のご経験
・ロジカルシンキングや0ベース思考をお持ちの方

【歓迎スキル・経験】
・大中規模プロジェクトで、周りを適切に巻き込み業務を推進した経験
・経営課題、事業課題を自らが率先して解決した経験
・事業会社での新規事業の企画立案から立上げのご経験
・医療業界でのご経験
・プロダクトオーナーのご経験
・英語力

脳科学とテクノロジーを通じて、人々の生活を豊かにすることを目指し、当社の挑戦はまだ始まったばかりです!
大きな目標に向かい、熱い想いを持ったメンバーが揃う成長フェーズのスタートアップで、新規事業立ち上げに挑戦しませんか?少しでも気になった方、一度フランクにお話しましょう。

Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社Splink
  • Founded on 2017/01
  • 10 members
  • Expanding business abroad /
  • 東京都
  • 医療×AIのスタートアップ!社会課題を解決する事業を生み出すメンバー募集!
    株式会社Splink