This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
Mid-career
データエンジニア(分析基盤)
on 2018-05-29 735 views

CEO直下!急成長中プロダクトのデータ基盤構築エンジニア募集!

アルファス株式会社

アルファス株式会社 members View more

  • Born and raised in Tohoku China, but spends half of my lifetime at Singapore, Toronto and Tokyo. I'm a serial entrepreneur with two small but successful exits. I founded Mobingi, Inc. with Yasuhiro Horiuchi san in 2015, and together with an awesome team (including a female 何でも屋 Mochizuki Rena san...

  • 1978年生まれ。慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程修了。 株式会社ブイキューブにて、学生時代からWebシステム開発に携わり、卒業後は取締役として開発をリードする。その後動画共有サービス「FlipClip」の立ち上げを経て、2009年、創業期のgumiに参画。 2010年同社取締役CTOに就任。 gumiにてAWSに出会い、その可能性に一目惚れし、2012年3月にアマゾン データ サービス ジャパン株式会社入社。AWSのテクニカルエバンジェリストとして日本中を飛びまわる日々を送る。現在は旅人として世界中を旅する傍ら、複数のスタートアップの技術顧問やアドバイザーを務める。

  • 1984年生まれ。大学卒業後は音楽業界でサウンドエンジニアとして働き、2012年からはフリーランスのエンジニアとして活動。以前より交流のあったモビンギ代表のWaylandに誘われ畑違いのモビンギを手伝うようになる。自由な社風が合っていたのか、気がつけばモビンギのフロントエンドエンジニアに。現在はサービスのUI/UXデザインからフロントエンド開発を一手に引き受けている。

  • 1994年生まれ。前職は青森のJAで基幹業務システムの設計開発やメインフレームの開発保守を担当。東京で働くことを決意し、転職先のあてもなく上京。知人経由でモビンギの面接を受け二日後には初出社という異例のスピード感で入社。モビンギではPHPを用いたAPIの開発を担当。水ならいくらでも飲める特技を持つ。

What we do

  • Mobingi ALMはマルチクラウドに対応
  • シンプルかつユーザーフレンドリーなUI/UX

「Cloud simplified.(クラウドをもっとかんたんに)」

アルファス株式会社(旧:モビンギ株式会社)は、成長著しいクラウドの領域で、AWSなどのクラウドサービスのユーザー企業やそのサポートをする事業者がコスト把握や最適化を簡単にするためのツールをSaaSで提供しています。

この事業アイデアは技術的にも市場トレンド的にも注目を浴び、米国 500 Stratups(第15期)をはじめとして、これまでに国内外のさまざまなシードアクセラレータプログラムに参加してプロダクトやチームをブラッシュアップしてきました。

また、DNX Ventures や Archetype Ventures など、国内外の有力なVCからこれまでに累計で7億円強の資金調達をしています。

◼︎提供サービス『Ripple』
MSP(Managed Service Provider)や大規模なクラウドユーザー企業に向けたクラウド費用管理アプリケーションです。利用コスト計算の自動化により、管理部門の負担を大幅に削減するほか、組織単位の正確なコストが把握できるようになるため、組織や事業単位での最適なサーバーインスタンスの選択や収支管理を簡単に行えるようになります。

◼︎受賞歴など
「Draper Nexus B2B Summit 2017」スタートアップ・ピッチ(2017年1月18日開催):
最優秀賞・Cisco賞
http://mobingi.hatenablog.com/entry/2017/01/19/154905

◼︎メディア取材歴
「ChefやAnsible以外のクラウド管理ツールが必要なワケ―、Mobingiが2.5億円のシリーズA調達」(TechCrunch日本版、2017年1月)
http://jp.techcrunch.com/2017/01/16/mobingi-2/

「クラウド自動化のMobingi、シリーズAラウンドで既存投資家から2.5億円を調達——運用自動化プラットフォーム『Mobingi Wave』を開発へ」(THE BRIDGE、2017年1月)
http://thebridge.jp/2017/01/mobingi-series-a-funding

「最適なクラウドサービス環境提供で目的が一致:大企業のサービス革新をスタートアップが加速:モビンギ」(ASCII、2017年3月)
http://ascii.jp/elem/000/001/450/1450344/#eid1450355

◼︎プレスリリース
「クラウドコスト削減に効果的な低額インスタンス利用を自動化!モビンギ「Spot Optimizer」がGoogle Compute Engineにも対応。」(2018年6月)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000015931.html

「AWSのコスト可視化・自動計算ツール『Mobingi Wave』に新機能が追加! AWSリソースに付けられたタグ単位でのコスト管理を実現。」(2018年6月)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000015931.html

Why we do

  • クラウド構築の標準化
  • 企業の課題を解決

AWS(Amazon Web Services)や Microsoft Azure・GCP(Google Cloud Platform)などのクラウドで利用するITリソース(Infrastructure as a Service)は、世界中で急速に利用が伸びています。

その背景には「所有から利用へ」の大きなトレンドがあります。いまや、従来のデータセンター利用とは異なり、初期投資なしにITインフラの構築が可能で、また、プラットフォームが幅広く提供するアプリケーションやツールを利用することで、利用企業は自分たちが開発するアプリケーションに集中することができます。

一方で、そこには新たな課題も生まれてきています。
従来のオンプレミスでのITインフラ調達では、大きな初期投資が必要でしたが、その分、コストは固定でわかりやすいものでした。しかし、利用するごとにコストがかかる形式になったことで、事前の費用予測は難しくなりました。また、実際にクラウドサービスを利用しているエンジニアと一緒でないと、その利用状況の把握も難しくなってきています。

つまり、ITに関するコスト管理の方法も、そのために求められるスキルも、オンプレミス時代から大きく変わったのです。

こうした課題から、海外では「FinOps(フィンオプス)」という新たな潮流が現れてきています。
アジャイルメソッドやリーン方式によるソフトウェア開発が進む中で、継続的な開発や改善を繰り返していくことを目的に開発部門(Dev)と運用・IT部門(Ops)が連携していく「DevOps」が生まれたように、ITリソースの調達・運用・管理においてもバックオフィス・財務部門(Fin)とIT部門(Ops)が一体になっていくことで最適化していこうという流れです。

アルファスの提供する『Ripple』は、この FinOps を主導し、クラウドサービスのユーザー企業やそのサポートを行っているSI事業者・MSP事業者のシンプルでスマートなクラウド利用を支えていきます。

How we do

  • 上下関係のない職場でフラットにディスカッションしています。
  • クラウドの知見を広めるコミュニティもサポートしています。

東京とクアラルンプール(マレーシア)の2拠点をベースに、プロダクト開発と事業を展開しています。

AWSの認定資格を持ち、利用料金の仕組みなども熟知している日本人のエンジニアたちと、コンピュータサイエンスの学位を持つ優秀な海外エンジニアたちが共同してひとつのプロダクトの開発にあたっています。

また、プロダクト提供開始の際から、複数の大手SI事業者・MSP事業者が利用しているため、ユーザーからのインサイトも常に取り入れてプロダクトに生かしています。

As a new team member

新規サービスとして提供している『Mobingi Wave』を進化させるための、データ分析基盤の構築・運用を担っていただくエンジニアを求めています。

プロダクトをより魅力的なものにしていくために、大量データの分析基盤の技術選定・設計・構築からチームで開発していくための業務を幅広くおまかせいたします。

現在、10GB/日規模のデータをPMがスクリプトを書いて力技で集計を行っています。しかしながら、今後は時間単位の単位でデータを取り扱う計画が有り、実行すれば数TB/日の規模になることが想定されています。また、タグ付け、再計算、リアルタイム反映などの機能拡張を行っていくためにも、しっかりとした分析基盤を開発することが重要課題となっています。

本ポジションを担っていただく方には、技術選定から携わっていただき、AWS AthenaやRedshift、EMR、RDS、Google BigQuery、Elasticsearchなど、ご経験を活かして、プロダクトにフィットする技術の選定からご担当いただきます。

【具体的な業務内容】
・データ分析基盤構築のための技術選定、導入
・分析APIのバックエンドとなるデータベースシステムの設計、開発、運用
・手動プロセスの自動化、バッチプロセスの開発及び最適化
・データ分析の為のビックデータ抽出および前処理の作成、自動化

【開発プロセス】
現在は、代表のWaylandがPM、サーバーサイドエンジニア1名、フロントエンジニア1名というスモールな体制です。メンバーとコミュニケーションを取りながらプロダクトの選定、分析基盤の設計・構築、運用まで携わっていただきます。

3ヶ月単位で開発チーム全体でこれからのロードマップを描きます。
それ以降は週次のMTGと日次のカジュアルな打ち合わせを通して、GitHub issueにタスクを集約しながら業務を進めていただきます。

【必須条件】
・1年以上のシステム開発業務経験(言語問わず)
・データ分析基盤の構築、運用経験

【歓迎条件】
・DWHやデータレイクの構築、運用経験
・DBAとしての実務経験
・ETLソフトウェアの利用または開発経験
・Amazon Redshift や Google BigQuery などの導入、運用経験
・ビックデータ抽出および前処理作業のご経験
・英語スキル(日常会話程度)

【求める人物像】
・自ら課題を見つけ、意見を発信できる方
・新しいことや面白いことに積極的に挑戦したい方

Highlighted posts

みずほ銀行様から「Mizuho Innovation Award」をいただきました。
急成長中だったJINSから、英語しか伝わらないたった2名のテックスタートアップに飛び込んだ私のチャレンジ
フィリピンから日本へ。エンジニアとして先端技術を追求し続ける元シンガーの挑戦。
Other users cannot see whether or not you're interested.
8 recommendations
Company info
アルファス株式会社
  • Founded on 2015/01
  • 10 members
  • 東京都港区元赤坂一丁目3-9 K-FRONTビル 5F
  • CEO直下!急成長中プロダクトのデータ基盤構築エンジニア募集!
    アルファス株式会社