This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

秋の決算ラッシュ、いまこそ「仕込むべき&逃げたい」日本株の全実名【PhantomAI株価予報】

日本株の秋、勝負の「決算ラッシュ」へ…!

いよいよ秋の決算ラッシュが始まる――。

10月23日の日本電産を皮切りに、主だった日本企業の決算が相次いで発表される「決算シーズン」が幕を開けるのだ。



「日本企業の4-6月期決算は米中貿易戦争や円高の直撃を受けて、減益傾向が鮮明になったばかり。米中貿易戦争の過熱感が多少落ち着いている中、7-9月期決算では日本企業の業績底打ちが確認できるかどうかがカギになる」(アナリスト)

逆に減益傾向がさらに加速していることがわかれば、一気に「日本売り」が浴びせかけられる可能性もあるとあって、市場関係者のあいだでは緊張感が高まっているわけだ。

じつは決算ラッシュは日本だけではなくアメリカでも同様で、今週からマクドナルド、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムなどの決算が続々と発表されていく

「すでに高値圏にある米国株だが、よもや主要企業の決算にネガティブサプライズがあれば、一気に値崩れする可能性もある」(アナリスト)

当然、そうなれば日本株にも即座に飛び火する――。

日経平均株価は先週の10月18日に2万2649円をつけて年初来高値を更新したばかりだが、ここからさらに年末高へ向かってアクセルを加速できるか、それとも急ブレーキがかかって失速してしまうのか。

決算発表の「中身」によってそのシナリオが大きく変わる重要局面を迎えたといえる。


秋の決算ラッシュ、いまこそ「仕込むべき&逃げたい」日本株の全実名(マネー現代編集部) @moneygendai
今週の「AI株価予報」で読む いよいよ 秋の決算ラッシュ が始まる――。 10月23日の日本電産を皮切りに、主だった日本企業の決算が相次いで発表される 「決算シーズン」が幕を開ける のだ。 「日本企業の4-6月期決算は米中貿易戦争や円高の直撃を受けて、減益傾向が鮮明になったばかり。米中貿易戦争の過熱感が多少落ち着いている中 、7-9月期決算では日本企業の業績底打ちが確認できるかどうか がカギになる」(アナリスト) 逆に減益傾向がさらに加速していることがわかれば、一気に「日本売り」が浴びせかけられる可能性も
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67920


では、そんな日本株市場でズバリ的中率80%を超える『Phantom株価予報AIエンジン』(財産ネット社開発・運営、詳細はhttps://phantom-ai.com/)が導き出した「今週の注目銘柄」を紹介しよう。

今週の『Phantom株価予報AIエンジン』がピックアップした大本命銘柄はユナイテッドアローズ (7606)である。

詳細は下記URLへ続く

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67920

財産ネット株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings