This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

What we do

■今が成長期、3世代家族向けのサービスプラットフォーム『ウェルノート』 『ウェルノート』は、クラウド上に子どもの成長記録や思い出を残せる、いわば家族が集まる「クラウドのお茶の間」です。私たちはこのサービスを通し、新たな形で3世代家族の幸せなライフスタイルを提案しています。 ■社員のアイデアが、続々と新事業として形に。 アプリを軸に、フォトカレンダーなどのサブスクリプションコマースや広告メディアとしての活用、家族向けフィンテック・インシュアテックサービスなどへ幅広く展開。次々と新事業を立ち上げながら、成長しています。直近でも、大きなプロジェクトについてベンチャーキャピタルからの資金調達を完了し、今まさに動き出しているところです。 ■注目度はさらに上昇中! ・App Storeで「ベストライフスタイルApp」に選出 ・大手ベンチャーキャピタルから資金調達 ・日テレZIP、ワールドビジネスサテライト、NHKなどTVで紹介 ・日経トレンディ「得するネットサービス大賞」第1位、日経ビジネスなど多くの雑誌にも掲載 ・朝日新聞、読売新聞、日経新聞などに加え、10紙以上の地方新聞など、多くの新聞にも掲載 ・Tech Crunch、東洋経済オンラインなど多くのWebメディアでも紹介 <朝日新聞> http://www.wellstyle.co.jp/pdf/140810_asahi.pdf <読売新聞> http://www.wellstyle.co.jp/pdf/140705_yomiuri.pdf <J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」> http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/insight/3134.html <東洋経済オンライン> http://toyokeizai.net/articles/-/51320

Why we do

ウェルノートユーザー様との記念撮影です。
エンジニアチームをはじめ、高いスキルを持ったメンバーたちがサービスを作っています。
■目指すのは、「幸せな家族を増やす」 こと。 『ウェルノート』は、ユーザーの約30%がシニア世代。Webサービスやアプリを使い慣れていない方々にも広く受け入れられている、珍しいサービスなのです。 サンタの格好で自撮りをして孫に動画を送るおじいちゃん。 喜ぶ孫の様子を動画で撮影し、動画でお礼の返事をする子育てパパ。 そんなあたたかい家族のやりとりが、『ウェルノート』を通じて行なわれています。このサービスを軸に、新しい時代のコミュニケーションの形と子育て支援プラットフォームを提案しています。

How we do

Apple銀座でのイベントに代表の谷生が登壇しました。
毎月恒例のバースデー会の様子です。
■“成長できる”環境づくりを、大切にしています! 組織としてはまだまだ少数精鋭。だからこそ、社長をはじめとする経営陣と直接やりとりのできる距離感が特徴です。 自分のアイデアを新事業として形にしたり、会社の経営や事業戦略を自分の手で動かせるスキルを身につけたりも可能。「やってみたい」というメンバーには積極的に新しい挑戦を任せ、成長できる環境をご用意しています。 ■他では手に入らないチャンスが豊富! 大手企業とも連携し、ベンチャーの枠にとどまらない大きなビジネスを展開。 ベンチャーキャピタルからの資金調達が完了し、今まさに走り出そうとしている大型プロジェクトも。 ほかにも複数の新規事業プロジェクトが構想・企画段階にあり、メンバーがそろい次第、次々と形にしていく予定。他社ではなかなか経験できない、“事業をつくる”という面白さを経験できるチャンスが豊富にあります。 ■有名企業出身者が集う、少数精鋭の組織! ・ゴールドマンサックスで10年間経験を積んだ社長 ・国内有数のメガバンクであるSMBCや野村證券からの転職者 ・IBMでエンジニアとして活躍してきた人物 …など、華々しい経歴を持ち、もちろん実績も抜群に優秀な人材が多数。 そしてそんなメンバーに惹かれ、そのノウハウを吸収したいという成長意欲の高いメンバーも続々と集まっています。一方で、毎月誕生日の仲間をお祝いするバースデー会の開催など、和気あいあいとした文化も大事にしています。ここでの経験は、あなたにとっても大いに刺激的な日々となると思います。 ■エンジニアやクリエイターのスキルアップにも積極投資! 開発手法やツールの選択は現場の判断にゆだねており、新しい技術も積極的に取り入れています。また、そのための新しい技術習得や勉強のための参考書は、会社で全額負担。そうして培われたメンバーの技術や発想力が、会社にイノベーションを起こしてくれると信じています。