This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Goを書いてみたいと思っている学生さんへ。これを読めば今すぐGoを書きたくなる(はず!)#gocon 学生ブログまとめ

こんにちは!Wantedlyで技術イベント企画を担当している竹内瑞季 @amanda__mtです!

10月28日に開催されたGo Conference 2019 Autumnも大盛況におわり、早速色々なまとめブログがでていますね!

今回スカラシッププログラムで参加頂いた5名の学生さんにも、アウトプットとしてブログを書いて頂きました。同じセッションを聞いていても、学生によって注目しているポイント、学んだこと、感じた印象などが異なり、新しい発見があるかもしれません。

スカラシップ採択学生には、まだGoを書いたことがない学生がGoを書きたくなっちゃうような内容をブログに書いてね!という若干無茶振りをした結果、自分の新しい気付きや知見などを詳しく書いて頂いたので、このブログを見たらGoを書きたくなっちゃうかも?!

pudding_infoくん

研究室同期がGo Conで発表し、応援 ~~煽り~~ の愛ある振り返りです。


towocyくん

@towocyくん自身も今回のGo Conferenceでは登壇した学生です。学生さんの登壇もいくつかあり、Go界隈がより広がってきているなあと感じています。


l_morley_lくん

Wantedly ではスカラシッププログラムの一環として翌日にエンジニアとのGoを語り合うランチ会を実施しています。他の学生とも交流ができるので、個人でGo Conferenceに参加するよりもスカラシッププログラムを利用したほうがコミュニティの輪が広がるかも!?


どんこくん

最後のプレゼント大会でTシャツゲットしていたどんこくん(羨ましい)
実際に使ってみた感想なども書かれています。


佐藤くん

学生にもどんどんGoコミュニティが広がってきており、今後さらにインターンシップなどでGoを書いていく学生が増えていくと思うと良いご支援ができたなあと思います。

学生にとって、有償のカンファレンスに参加するための負担は大きく、特に首都圏外の学生にとっては大きな障壁があります。しかし、費用が理由でカンファレンスに参加し成長できる機会を逃して欲しくないですし、また、中長期的に様々なエンジニアのコミュニティを支援したい考えています。

今後もスカラシップスポンサーと言う形で、微力ながらエンジニアコミュニティの支援させていただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Wantedlyのgopher達とお話しませんか?

たくさんのgopher達と、gopher使いがあなたをお出迎えいたします!
(手前の小さなgoherたちは全部3Dプリンタ製)

Wantedly, Inc.'s job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings