This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】大分産♨高身長・爽やか・組み込み系エンジニアがトレスへ来た理由は…!?

こんにちは!採用担当の大谷です。
4月に入りましたがまだまだ寒い日が続きます!⛄❆

目黒川沿いの🌸桜並木🌸は今週がピーク!(だと思います)

この間、メンバー同士で夜桜を観に行っていました!



食べ歩きをしたとのことですが、メディアで頻繁に採り上げられる
インスタ映え📷💗する「苺のスパークリングワイン」などは一切頼まず、
ただ食欲を満たすだけの食事で終わった
とのこと。笑


花より団子ですね🌸<🍡


今回は【人事インタビュー】として2月に入社した

爽やか!高身長!優しい!

と三拍子揃った

🌟さとちゃん🌟

を紹介します!


(本人はこの紹介に抵抗を持っていますが私が押し切りました)



大谷「はーい、さとちゃんインタビューです!😉」
さとちゃん(以下、さ)「こういうの慣れていないんで緊張しますね(笑)」
大谷「まぁ最初は緊張するよね(笑)。じゃあ早速。
まずは幼少期のことから!どんな幼少期を過ごしたの?」
さ「1~2年生の時は学校のグラウンドで走り回っていたんですけど、3~4年生の時にDSやPSP🎮を買ってもらって、そこから生活が変わりました(笑)
大谷「DSとかPSPが小学3~4年生…?さとちゃんいま何歳だっけ?」

さ「22歳です(1997年生まれ)」

大谷「(́◉◞౪◟◉)ソウカイ(1991年生まれ)」


大谷「ゲームにハマった影響で、ITとか機械に興味があったのかな?」
さ「そうですね!小6の時にとある機械を改造して遊んでいたこともあります💦(笑) あと、中学生の時はFPSのオンラインゲームにハマっていたのでPCにもよく触れていました
大谷「すごいね~!」
さ「そこから、パソコンってすごいなぁ。ITってスゴいなぁと感じたんだと思います😉」



大谷「高校時代も部活は卓球?🎾」
さ「いえ、弓道部に入りました!」



大谷「えっ、そうだったんだ!(大谷も弓道経験者) 今も続けているの?」
さ「今はやってないですね(笑)。」
大谷「弓道経験者あるある(笑)。卒業すると続けない😢 最近の趣味って何かある?」
さ「最近はボルタリングにずっとハマっていて。土日どちらかはやってますし、平日もどこかで1日はやっています🗻」



大谷「それが仕事のモチベーションにも繋がっているのかな?」
さ「好きでエンジニアの仕事をしているので、業務や勉強は苦ではないです😉 でも、身体を動かすことは大事ですね(笑)。そういう意味で、モチベーションに繋がっています」



大谷「さとちゃんは高校を出て情報系の専門学校🏫に行ったんだよね!」
さ「ゲームやPCが好きなんで、プログラマーになりたかったんです。で、僕、だらしない性格なんで、早く社会に出た方が良いと思って専門を選びました」
大谷「さとちゃんがだらしないって想像できないなぁ🤔 専門ではどんなことを学んだの?」
さ「3年制だとWeb系の言語も学べるんですけど、2年制だったんで、主にC言語を学びました! そこからC#やC++を💻」
大谷「違ったらごめんね。C言語はちょっとお堅いイメージがあるんだけど…面白かった?」
さ「同じイメージを持っていました(笑)。でも、将棋やオセロのゲームを創れて作れて感動しました。動くものが作れる~!って」



大谷「専門を出て、上京して前職に入社したんだよね。そこではどんなことをやっていたの?」
さ「SESとして出向をしていて、主に組み込み系の案件でしたね。車載システム🚙とか、自動運転システムの開発をやっていました」
大谷「なるほど、勉強した内容を活かせる案件に就けたんだね! でも、どうして転職をしようと思ったの?」
さ「ただ、実際に目の前で完成した車が見られることはなくて、ただコンソールとにらめっこをするだけでした(笑)。 あと、プロジェクトのフェーズによっては、延々と資料を作るだけの仕事があったりで、

やりがいがあまり感じられなかったんです。

残業もかなり多くて、毎日23時~0時の退社が続いていました」
大谷「仕事のやりがいと、ワークライフバランス。これがきっかけで転職を決意したんだね。そんな中、トレスに興味が湧いた理由って何だったのかな?」



さ「写真を見て“楽しそうだな”って思ったのがきっかけですが、何より

仕事100%、私事120%の言葉ですね。」

大谷「その言葉、私も好きだなぁ💎」
さ「大谷さんの前の採用担当の方とメールでやりとりしていて、土日挟んで連絡がとれなかったんですよね。で、月曜日に来たメールに“申し訳ありません、土日休みのためメールのご対応が遅れました”という記載があって、“あ、しっかり守っている会社なんだな”と思いました(笑)」


大谷「他にも会社を受けていた中で、トレスを選んだ決め手は何だったの?」
さ「純粋にやりたいことが出来そう。と感じました!トレス以外にもRubyを使った自社開発の会社を受けていたんですが、自社開発だと自社のことしか出来ないのがネックで。

いまは色々な経験をして、ゆくゆくはトレスの自社開発に携わりたい

って思っています!」



大谷「いまはどんな案件をやっているの?」
さ「最初は“まずはWeb系の経験をつけよう!”と思ってまずはテスターとしての業務を希望しました。でも2週間で、html・JavaScriptを使った開発をやらせてもらうことに(笑)」
大谷「2週間で…!さとちゃん、かなり評価されているんだね!」
さ「嬉しいです😊(照)」


大谷「最後!入社して気付いたトレスの魅力🌸と改善点🙀を教えてほしい!」
さ「エンジニアの声を本当にちゃんと聞いてくれるって思いました。他の会社だと、案件はもう決まっていて、そこに行くしかないんです。

でも、トレスはちゃんとスキルや今後のキャリアや志向性を理解した上で、

案件やプロジェクトを見つけてきてくれます。

まだWeb系のスキルがそこまで無いので選べる幅は狭いですが、どんどんスキルアップをして、選べる立場になっていきたいです!」


大谷「地に足の着いた考え方ですごいと思う😢(感動) 改善点はどう?」
さ「それが今のところ無いんですよ(笑)。
エンジニアミーティングでも年齢や社歴に関係なく意見が言い易いですし、明るい人が多くてみんなが仲が良くて。意見を言っても険悪になったりすることはありません。
残業もいまは【18時30分定時】なのですが、遅くとも19時には帰れるので、ボルタリングも勉強も休息も全部とれています😉
なので本当に無いんですよね(笑) 本当に転職して良かったです」



大谷「もし(不満が)出てきたらちゃんと教えてね。私からも聞きます🌸
これからも頑張ろう!私も全力でサポートします!🔥🔥🔥」


さてさて、さとちゃんのインタビューいかがでしたでしょうか?

地に足の着いた考えを持って、自分の出来ることを見極めて、しっかりと役割をこなすことのできるさとちゃん。

これからをサポートしていきたいです。


(もちろん、さとちゃんだけではなく全メンバーに対して同じ想いです!)


トレスには

業務系・組み込み系からWeb系へのスキルチェンジ

をしたメンバーが多くいます。


みんなそれぞれ目標や夢に向かって日々の業務を頑張っています🔥🔥🔥
「無理なんじゃないか…」「スキルが足りない」と思わないで下さい。


思ったいまが、いちばん早い時です。


一度お話ししてみましょう!

ぜひぜひご応募、お待ちしております!🌟



Web engineer
身近なモノを作るのって楽しい!Web系にスキルチェンジしたいエンジニア!
Tres Innovationは創立5期目に突入しました! 「創造し、ワクワクを」を合言葉に社会に変化をもたらすwebプロデュース企業です。 現在は、下記の事業を展開しています。 ◇メディア事業(https://niche-chi.com/) ◆EC事業   (http://biii.jp) ◇HR事業 ◆自社サービス開発事業 当社の最大の特徴は、今ある事業の全てが メンバー主導で立ち上がったボトムアップ型であること。 手を挙げればTry&Errorをさせてくれる環境で、 Tres Innovationのメンバーはそれぞれが実現したいことに向けて日々努力しています! 各事業が軌道に乗り、今期には新たに自社サービスの開発も始まりました。
トレスイノベーション株式会社

🌈🌈🌈社内デザイナーの方、募集中です🌈🌈🌈

Other designer
グラフィック、サイト制作、事業部。新しいを創るデザイナーJoin us!
“創造し、ワクワクを”を合言葉に 社会に変化をもたらすWebプロデュース企業です。 【創立5期目に突入いたしました!】 現在は、下記の事業を展開しています。 ◇メディア事業(https://niche-chi.com/) ◆EC事業(http://biii.jp) ◇HR事業 ◆自社サービス開発事業 当社の最大の特徴は、今ある事業の全てが メンバー主導で立ち上がったボトムアップ型であること。 手を挙げればTry&Errorをさせてくれる環境で、 Tres Innovationのメンバーはそれぞれが実現したいことに向けて日々努力しています! 各事業が軌道に乗り、今期には新たに 自社サービス開発も始まりました。
トレスイノベーション株式会社


トレスイノベーション株式会社's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more