This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

What we do

会員様からの有料会費のみで運営する他に類を見ない宿泊予約サイトは、旅行好きの方を中心に国内100万人超の会員の皆様に支持されています。
注目を集めるインバウンド市場では、10年以上前に、いち早くレンタカー予約サービスを多言語化することで在外ユーザの利便性を向上しました。
【旅行業界の常識を、常に変えていく】 お客様からの会費のみで運営する宿泊予約サイト「トクー!」を運営している当社。上質なホテルや旅館をリーズナブルに利用したいユーザーのニーズに、有料会員制を導入することで代理店費用を100%カットした卸値での宿泊を提供できるビジネスモデルで応え、国内会員数は100万人を突破しました。 「もっと手軽に旅行を楽しめるようにする」という思いで生まれた「トクー!」は、大手旅行会社が提供するパッケージプランの旅行スタイルを、中間マージンを排除した卸値販売を通して変革。国内旅行業界の常識を打ち破る「100%お客様目線」の姿勢は現在も貫かれており、「一泊109円セール」「半額宿泊クーポン」など、ユーザーをワクワクさせる企画や、「上質な宿がわかるランキング」「最低価格保証」といった会員のみなさまの声を取り入れたサービスを強化しています。 そして「インバウンド(訪日外国人向け)事業」は、市場の追い風を受け急成長しています。訪日外国人旅行者の数は年々増えています。国内ではいち早くインバウンドレンタカーの事業を開始し、様々な国の文化の違う利用者様からの多様なご要望を、サービスとして実現してきたことが信頼につながっており、ユーザーの高いリピート率につながっています。 宿泊予約のみならず、インバウンド向けを含めたレンタカー・格安航空券・アクティビティなどの予約サービスもリリースし、旅を総合的に楽しめる事業を積極的に展開してきた当社。「新たなビジネスモデルやサービスを創造し、今までにない「経験」を提供することで、継続的な更なる成長を実現する」という理念のもと、様々な旅行サービスを提供して参りました。これからもより多くの方々にサービスを利用していただけるよう、柔軟な発想でサービスを展開し、国内外の旅行産業をもっと活性化していきます。

Why we do

【RUN&RUNの姿勢で、常に動いていく】 常識にとらわれない。それは私たちにとって、もっとも大切な姿勢です。世の中を変えていくには、独自性の高いビジネスが必要。そのためには、失敗を恐れない「チャレンジスピリット」が当社では評価されます。 【新しい仕組みを創り、世の中を変える】 独自のビジネスモデルを展開してきた当社は、これからも新しい視点から事業展開を目指します。現在は、変化の激しい世の中。だからこそ、チャレンジし続ける当社は「世の中を変えていく」仕事を担えるのです。当社は、今までにない「経験」を、旅行者・業界・社員すべてに提供していきます。 【世界を狭めず、限りなく大きな夢を持つ】 視野が狭まれば、自ずと夢も目標も小さくなっていきます。自分なりの大きな夢と目標を掲げ、無心で挑む。一つ、また一つと目標をクリアすることで、人として大きく成長します。成長したい方は、ぜひ私たちと一緒にチャレンジしていきましょう!

How we do

自由な社風で社内の移動手段ですら人それぞれ。社員の個性も活きる環境で新たなキャリアを築くことが可能です。
社内には頼りになる先輩が多数いるので、分からないことがあれば、何でも聞いてください!
【旅を提供する会社だからこそ、旅を楽しもう】 入社後は、あなた自身が「トクー!」の有料会員と同様にサービスを利用できます。また、年度ごとに旅行補助金も支給。毎年支給される補助金を得て、旅先で新たな発見を得てください。入社5年目・10年目には「旅行ボーナス」をお渡ししています! 【心から楽しむ社員旅行も実施】 不定期ではありますが、社員旅行も実施しております。費用はもちろん会社が全額負担。最近では、香港・マカオへの旅に出かけました。旅行では、オリジナル観光プランの立案や販促活動体験など、貴重な経験が積める機会を設けています。旅を通じて、新たな角度から日々の仕事を楽しめるはずです。 【休む時には休む!昼寝制度】 効率的に仕事を進めるためには、適度な休息が必要ですよね。社内の昼寝用スペースには、専用のリクライニングソファを5台用意。当社では、メリハリを持って仕事に臨める環境づくりを進めていきます。 【技術系イベントやセミナーにも積極参加OK!】 私たちは社員のスキルアップこそ、当社の成長にダイレクトに繋がると考えています。 一人ひとりの裁量が大きいからこそ、自身の担当業務を調整すれば、業務時間内に開催される技術系イベントやセミナーへの参加もOK。 多方面から情報を収集し、仕事に活かすことで、マルチにスキルを磨けます!