This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

「本当?」に”Really?”はNG!~通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語~

○月○日、営業部に勤めるTさんは部内のミーティングで競合他社の動向について最新情報を共有していました。メンバーの一人が「A社の商品の売れ行きが伸びている」という情報をシェアした際、思わずTさんは驚きの声をあげました。
しかしその時、通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

◆NG文◆ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Really?
(本当?)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

驚きの表現を表すときに、Really?(本当?)という表現が便利で良く使われますが、落とし穴も潜んでいます。
日本語の「本当?」もそうですが、「それは本当なの?=嘘じゃないの?確かな情報なの?」という「疑っている」意味に捉えられる場合があります。口にする時の抑揚や表情など、非言語(ノンバーバル)な要素で誤解を避けることもできますが、「嘘じゃないの?=うそー!」のように幼稚な響きもしますし、軽々しく聞こえてしまいます。必ずしもReally?と言われた人が良い気持ちになることばかりではない、と覚えておくとよいでしょう。

◆オススメ英語◆‥‥‥‥‥‥‥+
That’s surprising!
(それは驚きだ!)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

≪ポイント解説≫
「疑っている」ニュアンスを出さずに、驚きを表すには以下のような表現があります。

■That’s surprising!
(それは驚きだ!)

■I have never thought of that.
(考えもしなかったよ。)

■I didn’t expect that at all.
(それは全く予想していなかったな。)

【英語力をアップさせたい方!無料カウンセリング実施中】
これまで1700社以上のグローバル企業に通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から開発した、1ヶ月の超短期集中ビジネス英語プログラム『One Month Program』
通訳メソッドを活用して1ヶ月でビジネス英語のアウトプットを強化します。
One Month Program

株式会社テンナイン・コミュニケーション's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more