This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

What we do

助太刀はより多くの人々にリーチするよう、サンドウィッチマンさんをCMに起用しました。
工事代金をチャージして世界中で買い物ができる、助太刀カードを2019年1月にリリースしました。
私たちは、建設現場と職人をつなぐアプリ「助太刀」を運営しています。 【マッチング】 建設現場と職人をつなぐマッチングサービスを展開してます。職人は簡単な情報を入力するだけで自身に合った仕事が自動で届き、現場に人手が足りない場合には簡単に助太刀を頼めます。 【助太刀Pay】 工事代金の即日受取ができるサービスです。その日の仕事が終わった時点で24時間365日申請ができ、即時現金を全国2万4千台のセブン銀行ATMで受け取ることができます。煩雑な書類手続きや銀行口座は不要で、すべてアプリ上からの操作でカンタンに申請から受取までを完了することができます。 http://mirror.suke-dachi.jp/company/pr/2018050201.pdf 【助太刀カード】 工事代金を即日カードにチャージし、国内・海外のVISA加盟店でのお支払いに利用できるサービスです。また、お昼の割り勘や飲み会の精算の際など様々なシーンで、助太刀カード会員同士で送金することを可能にしました。 http://mirror.suke-dachi.jp/company/pr/20190110.pdf 【助太刀保険】 建設現場で仕事中に怪我をした際、入院費用や手術費用を補償する傷害保険を助太刀カードに自動付帯するサービスを開始しました。 さらに今春には、職人がアプリ上で加入できる請負賠償保険を日本で初めて提供する予定です。 助太刀は建設業界で働く職人さんの声を活かし、マッチングサービスを軸に、職人さんの仕事を包括的にサポートするアプリへと急成長しています。今後も新たなサービス展開を予定しています。 さらに、ベトナムやフィリピンなど経済成長に伴い建設業の需要が高まっている海外への進出も予定しています。 【ユーザー数5万人突破】 アプリリリースしてから約1年でユーザー数が5万人突破しました。 「助太刀1周年記念」インフォグラフィック公開。 https://suke-dachi.jp/1anniversary/ 【テレビCM放映中】 2018年9月からはサンドウィッチマンを起用したテレビCMも放映中! ■ 建設現場と職人をつなぐアプリ助太刀 『登場』篇 https://youtu.be/LayKcB6zVkE ■ 建設現場と職人をつなぐ助太刀『即日受け取り編』篇 https://youtu.be/LayKcB6zVkE 【注目の記事】 ■ 工事代金もキャッシュレスで 助太刀が対応 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39900290R10C19A1XY0000/?fbclid=IwAR1IgPp6nPBBDVWwKzEyhIMHx2jcTOCCrE6QqhUxAHsrgMucYgdLVpIXKrs ■ 助太刀、ATMで工事代金受け取り可能に 金融サービスに進出 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30066300S8A500C1XY0000/ ■ 建設業の『人』の100%有効活用めざす――職人の手配アプリ「助太刀くん」が5000万円調達 http://jp.techcrunch.com/2017/08/21/tokyo-rocket-1st-fundrasing/ 【受賞歴】 ■ 東京ロケットが、Forbes JAPAN「RISING STAR」アワードのベスト3社に選ばれました。 https://suke-dachi.jp/company/pr/20171124.pdf ■ 東京ロケットが、TechCrunch Tokyo 2017 スタートアップバトルで、審査員特別賞を受賞しました。 http://jp.techcrunch.com/2017/11/17/the-winner-of-tctokyo2017-startupbattle/ ■ IVS 2017 Fallのピッチコンペティション、東京ロケット「助太刀くん」が二位を受賞しました http://thebridge.jp/2017/12/ivs17f-launchpad-pitch-competition

Why we do

「助太刀」がTechCrunch東京の審査員特別賞を受賞
職人忘年会2018
あらゆる産業はICTによって便利になった。 しかし、建設業のみは古い慣習に とらわれ手付かずのままである。 時代を遡ればここに挑んだ先人たちは数多くいたが、 新しい価値感や常識が作り出されることはなかった。 助太刀はここに挑む。 歴史に学べば当然無謀だろう。 常識人たちは口を揃え不可能だという。 だからこそ我々が挑戦する価値がある。 建設業の深い知見とアプリ開発力を併せ持つ 我々であれば成し遂げることができる。 産業の根幹に入り込み、産業を再定義する。 本質的なGame Changerになる。 それが我々の使命である。

How we do

Forbes JAPAN's START-UP OF THE YEAR 2018 RISING STAR AWARD 第2位
社内のMTG風景
助太刀は2017年3月、電気工事会社を11年経営した我妻 陽一によって設立されました。現在は順次メンバーが増えている状況です。 【多彩なメンバー 】 みずほ銀行、SMBC、JCB、セプテーニ、リクルート、楽天、ソフトバンク、PwC、船井総研など大手出身者多数!幅広い分野の専門家が集まっています! 【裁量権のある仕事】 経営層との距離がとても近いので、アイディアを出し、即実行。メンバーそれぞれのやりたい事を尊重しています。 【働き方改革に挑む】 残業は最大で1日2時間、月20時間まで! 「助太刀オフィスも魅力ある職場に」を目標に掲げ、日々切磋琢磨しています!

Page top icon