This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

2020年には1,000億円超え!シェアリングエコノミービジネス市場が急成長している理由

インターネットを通して、モノ・ヒト・カネ・乗り物・空間などを共有するシェアリングエコノミービジネス

2020年には、1,000億円を超えるとの予測も示されているほど、市場が急成長しています。


シェアリングエコノミービジネス市場が急成長している理由は、大きく3つあります。

1:景気後退による消費マインドの低下

2:スマートフォンの普及による“お手軽な”サービスの実現

3:スキル・資格を使ったサービス提供への注目度の高まり

これらの理由からシェアリングエコノミービジネス市場は急成長しました。今後の成長も期待されているので、チャンスの大きな市場と言えるでしょう。

一方で、シェアリングエコノミービジネスを展開するうえでは、取引の信頼性を高めることが課題となります。


特にシェアするものを提供する側と提供される側の双方が一般消費者であるCtoCのプラットフォームにおいて、お金のやり取りがトラブルのもととなることは想像に難くありません。

裏を返せば、お金のやり取りを含む取引の信頼性を高めることが、プラットフォームそのものへの信頼につながります。

前述の通り、一般的にシェアリングサービスはオンラインで提供されているため、クレジットカードや電子マネーなどを用いたキャッシュレス決済への対応が必要となります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

株式会社Samurai's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon