This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

What we do

ロボットのハードウェア、ソフトウェアを構築する技術です。人型ロボットのハードウェア、ミドルウェア、知能ソフトウェア全般に亘って構築します。
和気あいあいとした職場です。ざっくばらんな雰囲気で、意見交換も盛んにおこなわれています。
          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Q:スターウォーズに出てくる『R2-D2』のようなロボットって、実際仕事の役に立つのかな? A:じゃあ、作ってみましょう!           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~           ◆ロボット、IoTシステムの受託開発事業 当社は人型ロボット技術を基盤とした、幅広い領域にわたるソフトウェア技術、ハードウェア技術とデザイン力とを特徴としています。受託開発事業では自分野の専門性と同時に、相互に横断的なスキルを持つエンジニア、クリエイター達が、様々な手段を用いてお客様のイメージを具現化します。           

Why we do

人の気持ちは単純なものではありません。 おなじ「音」でも、その時の感情によって賑やかだと感じることもあれば、逆に寂しく感じることもある。 「音」=「振動」 この単純な式が成り立たないのが【人】なのです。 ですから、 単純な自動化や道具の代替でしかない機械では、つまらないと思いませんか?                            ◤心の機微に触れる技術◢   例えば、人らしさのあるプロダクト=ロボットのデザイン技術です。ロボット的プロダクトの普及に伴って、人が人にするのと同じようにプロダクトが微妙な距離感でポジティブな働きかけをするということが増える。そのような社会の動きに技術者集団の形で貢献し続けてゆくことが目標です。             ◇          ◇         ◇ また、 創る側がわくわくしないものは、きっと他の人もわくわくしませんよね? ですから、 その営みに関わる開発者、クリエイターの方々が自分の感性を大切にでき、生き生きと創造に携われる場を社会に提供することも目指しています。           ◤クリエイターが生き生きと創造に携われる場◢ これをクラウドファウンダー事業として実施しています。自分や身近な人の目線で見てほしいものを自分の手で世に出して多くの方に共感してもらう。社会の中にプロダクトとして具現化する。これはクリエイターとしてとても楽しいことです。当社のメンバには常に、自分発案で製品を世に出すという道が開かれています。

How we do

やる時には真剣にやる!
スタッフにインタビューしてみました! Q:キビテクにはどんなメンバーがいますか? ~S.Kさん~ 普通に生きていれば出会わなかったような人ばかりです。プロフェッショナルばかりが揃っていますが、固定観念は強くなく、いつまでも多くを吸収し成長していきたいと思って進んでいるメンバーを尊敬しているし、私もそうなりたいと背中を追いかける日々です。そういう場所に巡り会えた運に感謝しています。 (スタッフの鏡です!) ~N.Tさん~ 変な人たちがたくさんいます! (いい意味で!) ~T.Oさん~ やるときはやってる!キャイキャイしてるときはキャイキャイしてる! という感じです (メリハリが素晴らしいという意味で!)           ◤メンバが生き生きとクリエイトできる場としての会社◢   当社は若いメンバーで、webやロボットなど広いジャンルの開発を行っています。東大元講師、IPA未踏スーパークリエータ等、IT敬機械系の精鋭エンジニアもいます。  各メンバの可能性が最大限に発揮されるよう、勤務時間はフレックス、在宅でも可能なお仕事の場合は在宅も織り交ぜた勤務形態となっており、個々人の条件に合わせて勤務いただけるようになっています。  海外や地方のメンバとも連絡を取って進めています。Skypeでのチャット等連絡手段を多用して働いています。

Page top icon