This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

プログラミングスクールでメンターだった僕が、POLでエンジニアインターンしている3つの理由

POLのエンジニアインターンとして、活躍中の猪狩くんにインタビューしてみました。さっそくどうぞ!

POLでは、何を担当していますか

初めまして。POLではエンジニアインターンとしてサービス開発をしている東京工業大学3年機械系の猪狩蓮汰朗(いがりれんたろう)です。現在POLではフロントエンドからバックエンドまで幅広くエンジニアとして開発をしています。

POLに入ろうと思った理由

僕がPOLという会社にエンジニアとして参加することを選んだ理由は3つあります。

  • ①自分のスキルを磨くため、実際にプロダクト開発したいと思っていたこと。
  • ②研究室に潜むマイナスな問題に対してアプローチし、研究を加速していこうとする姿勢に単純にワクワクしたこと。
  • ③POLのエンジニアの先輩の池田達哉がジョインしてすぐにサービスを1つ任されるぐらいに裁量権を与えられる環境であったこと。

つまり、エンジニアとして圧倒的に成長するのに最高な環境だと思ったのでPOLにジョインしたんです。


僕はPOLに入る前にあるプログラミングスクールでメンターとして働いていました。しかし、メンターとしてプログラミングに触れるだけでは、実務経験が積めないのでWEBエンジニアとして成長することに限界を感じていました。

プログラミングを教えることに重きを置くのでエンジニアスキル向上が自分の趣味として勉強するか、エンジニア仲間から教えてもらうしかないので、エンジニアとしてやっていくにはどうしても限界があったんです。

実際にPOLにエンジニアとして入って

POLに入って最初に感じたことは、インターンでも当事者意識がかなり高いことです。POLはインターンが社員の数倍いる会社なんですが、インターン生であっても会社やサービスの成長を自分ごとに捉えてどんどん大きくしていこうという姿勢がとても強いんです。

この『当事者意識』が強いことはかなり大切だと考えていいます。というのは、『振られたタスクをこなすだけの組織』で働くことはそもそも楽しくないですし、成長の面で見てもその範囲内でしか成長できないんです。

サービスを開発することに対して真剣な熱い仲間たちと一緒に本腰を入れて開発できることはエンジニアとしてとても重要なことだと感じています。POLのサービスを利用するユーザーさんにとって、よりよいサービスになるようにエンジニア・エンジニアインターン関係なくディスカッションをしたり、時には新機能についてブレストをしたり、視座を高く開発できることがPOLの良いところです。

また、オープンな文化を持つ会社なので投資家集会にも参加できたりと、普通のエンジニアインターンでは経験できないであろう会社と投資家との関係を見ることができたり、そこでの会社としての意思決定を知ることができる、おもしろい経験のできる会社だと思います。

成長に必要な環境が揃っている

本気で成長したい人であれば全員が成長できると断言できます。成長には良質な経験と良質な振り返りが大事だと考えているからです。

社員とインターンの距離がかなり近いので自分のアウトプットに対して良質なフィードバックがすぐ返ってきたり、インターン生でもプロダクトの責任者として選任されたりと、普通のインターンでは経験できない高いレベルの経験が出来ます。

またPOLでは振り返りを大事にしていて、自分の経験から振り返りを徹底して行い、それをメンバー間で共有しています。高いレベルの経験と振り返りを早いサイクルで繰り返すことで日々成長を実感しています。本気で取り組んでいれば絶対に成長できる環境だと考えています。

オープンが過ぎるぐらいオープンマインド

オープンマインドが根付く会社なのでエンジニアの社員が彼女の話ばかりをしていたり、インターン生が某マッチングアプリでの結果を毎日のように報告していたりしています(笑)

ふざけあっているというわけではなくて、こういった関係性だからこそ、心理的障害が少なく、仕事に関することも、プライベートに関することも全てフラットに話すことができると思っています。

インターンと社員の壁が感じられないほど密にコミュニケーションが取れていて、僕の将来の相談に乗ってくれたり飲みに行ったりと非常に仲の良いメンバーです。


どんな人と一緒に働きたいですか?

研究室をハックすることに興味があったり、エンジニアとしてプログラミングスキルだけでない成長をしたい人など、みんなウェルカムです。

テクノロジーはあくまでツールでそのツールを使っていかに素早くサービスをつくるのかが大事ですので、技術力のみに磨きをかけるだけでなく、よりよいサービスをつくっていきたい!というマインドを持った人がPOLにはフィットすると思います。

エンジニアは、やりたいことが多すぎて今全然人が足りていません…!色々な技術にチャレンジをし、一緒にLabTech市場を開拓していくエンジニアを大募集しています!


株式会社POL's job postings
33 Likes
33 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more