This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

ONE
新オフィス
■お財布に溜まっているレシートが、すぐお金にかわる「ONE(ワン)」を開発 「ONE(ワン)」上のカメラでレシートを撮影すると、アプリ内のウォレットに1〜10円が振り込まれます。振り込まれた現金が銀行の手数料分以上になれば、国内のほぼ全ての金融機関で引き出すことができる仕組みになっています。 ■”究極のデータ” レシートには”究極のデータ”がたくさん含まれています。いつ、どこで、誰が何をいくら払って、いくらお釣りをもらったのか、という一人ひとりの購買行動やパターンを分析できます。そして、カメラで撮影されたレシートから得られた購買情報の蓄積データを、メーカーなど法人企業向けに販売するというCtoBのビジネスモデルです。 例えば、多数の消費者がある紅茶をどの頻度で買っていて、併せてどのようなチョコレートを買っているかといった傾向も分かります。それなら「併せて売ったらいい」という発想に変わってきます。こうしたデータは、法人企業の様々なマーケティングに活かすことができます。 POSデータなど、購買情報を得る方法はいくつかあります。ただ、POSデータは店舗販売員が入力をするため必ずしも正確なデータは得られません。また、Tポイントのようなサービスも、加盟店で買い物したときのデータしか取れません。ユーザーの購買行動を広く正確に把握できるのはすぐに捨ててしまうレシートです。 捨てるだけの紙切れとなるレシートをお金に変えるビジネスはまたたくまにトレンド入りし、サービス開始直後からネット上で大きな話題になりました。買取が殺到してやむなく買い取りを停止するまでの約16時間で、約7万人のユーザーから合計約24万5000枚の買い取り依頼がありました。 ■これからのサービス展開 「ONE」のサービスを進めたこの1年で、かなり大量な購買情報が集まり、あらゆる状況を理解できるようになってきました。例えば、ある地域に住んでいる住民はどこでコーヒーを購入し、どこに向かうのか。映画館の近くに住む住人の行動パターンなど。購買情報を集積することによって、人や物の動きが観れるようになりました。 次のステップは、この購買情報を使って人の生活に幅を持たせるためにはどうしたらいいか?を考え、それを形にしていくことです。

Why we do

茶室
■18歳が歩んできた事業の道のり 代表の山内は小学生のときに独学でプログラミングを始め、6年生で中高生国際Rubyのプログラミングコンテスト・15歳以下の部で最優秀賞を受賞し、孫正義氏による孫正義育英財団が支援を決めた異才96人の1人にも選ばれています。 中学生時代から5つのベンチャーに参画。15歳でワンファイナンシャルの前身となるフィンテックの会社を設立し、ビットコインのウォレット、個人間決算アプリ、店舗用決済のサービスを立ち上げるも、事業が伸び悩んだ時期がありました。 その後、2017年秋には投資ファンドから1億円を調達しました。昨年には「ONE」をリリース。そして、現在18歳の山内にとって「PREMY」は5つ目の事業になります。 ■実体験から生まれた「ONE」 「ONE」のサービスは、代表山内の実体験から生まれました。山内はスイスから帰って来た友人から、フラン(スイスの通貨)をもらいました。使わないし両替できないため、その小銭は僕ら日本人にとってはただの金属の塊です。しかし、スイスに行けば価値ある通貨になります。 日本にいる方には価値はないのですが、人によっては価値がある。 ワンファイナンシャルはこれを、「価値の非対称性」と呼んでいます。 「身近にあるもので、みんながいらないと思っていても、実は価値あるものってなんだろう」と創業メンバー5人で考え、その究極がレシートという答えになりました。フリマアプリのメルカリや即時買い取りサービスのCASHも、まさにその「価値の非対称性」を押さえたサービスです。 ■あたりまえを越える会社 私たちのビジョンはあたりまえを越えることです。 今私たちの周りにあるものは、ぼーっとしてたら今のまま何も変わりません。それは居心地が良いかもしれませんが、それをあえて越えないと革新は生まれません。私たちが「価値の非対称性」に気づくことができたのも、今のあたりまえを良しとせず、それを自ら超えていくことを志向した結果だと考えています。 今のあたりまえを超えた先には、新しいもう一つのあまりまえが作られると思っています。

How we do

CEO 山内 奏人
CTO 丹 俊貴
■あたり前を越えるサービス 私たちは、「今あるあたりまえを超え、次のあたりまえを作る」という思いをもって日々プロダクト開発をしています。今、新しいサブスクリプションサービスのリリース準備が進んでいます。 ※19/12/5時点でベータ版をテスト運用しています。 「PREMY」という、映画館・水族館・博物館・美術館に行き放題になる夢のようなサービスです。実際にリリースするまでは色々な障壁がありますが、着実に開発は進んでいます。 ここ最近世の中で新たにリリースされているサービスは、そのほとんどがオンラインサービスです。ただ、オンラインサービスはPC/スマートフォンの外には出られません。オンラインから得られる感動にはある程度限界があると思います。「オフライン」サービスだからこそユーザーに届けることができる新しい体験があると考えています。 将来もし子供ができたとして、「お父さん、東京タワー作ったんだよ」と言うのと「お父さんこのアプリ作ったんだよ」と言うのでは、子供に与えることができる感動に差があると思っています。オフラインでしか作れない感動があると思うのです。 ■麦わら海賊団のような能力者集団を創る 価値観を共有したメンバーたちが、最低限のリソースで最大限のパフォーマンスを発揮する組織を目指しています。一般的に、「会社を伸ばすには、属人性の高いタスクをできるだけ減らすべき」という考えがありますが、当社はその反対で、その人にしかできないことを持っている全員が能力者のような集団を作りたいと考えています。 能力者が 30人集まれば、多様なプロダクトを急成長させることができ、必ず最強のチームになれると思います。現在の在籍メンバーの平均年齢は29.5才で(山内が引き下げてます)、Web系著名企業出身のメンバーが多く在籍しています。マネーフォワード、エウレカ、エキサイトなどから、ワンファイナンシャルの思想に惹かれてジョインしたメンバーが多数います。 代表がエンジニア出身ということもあり、当社はプロダクト開発への強いこだわりを持っています。 自分たちが納得できないプロダクトは世に出さないスタンスを取っています。エンジニアリングとデザインには自信があり、これは当社が貫きたい信念です。 ■私たちに必要なものは「余白」 当社では月1回”茶会”が開かれます。 スタートアップでは全員が120%、150%、200%のパフォーマンスを出し続けないといけません。一人一人がハードワークをものともせず、目の前の課題を楽しみ、自分の満足がいくまで働かなければ会社が立ちゆかなくなる世界です。常に不安や恐怖があり、それとどう向き合っていくかが本質的な問題としてあります。 しかし、ハードワークだけを続けていたら、メンバーが疲弊してしまいます。。そこで、私たちは「戦略的余白」を作るために茶の湯の文化を取り入れました。 そして、文化として取り入れるだけでなく、環境も整えています。今のオフィスは茶室を中心に設計されています。茶室は外と遮断された空間で、自分を見つめ直すことができる、最小の公共空間。正しい意思決定をするための、ベストコンディションを作ることに役立ちます。 「余白戦略顧問」には、元”ぼくりり”のたなか氏と茶道家の岩本氏が就任しています。本格的な茶道を職場で堪能できるスタートアップ企業は弊社ぐらいではないでしょうか。