This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

南青山で働くイケメンに聞いた「後悔しない生き方」

スラリと伸びた手足に、端正な顔立ちの矢吹氏。メガバンクを辞めてベンチャーで働くイケメンの意外な素顔に迫る。

矢吹豊。学習院大学卒。三菱UFJ銀行では支社に所属し、主に中小企業向けの営業活動を行う。その後OLTAに参画し、現在はCS/事業開発に従事している。またオウンドメディアの編集長としても活躍。IT機器に弱い一面から、社内ではサムライと呼ばれる事もある。

不安を感じ続けるぐらいなら挑戦してみよう

--銀行を辞めてスタートアップに移った理由

 一番は銀行のビジネスモデルに不安を感じたからですね。いわゆるメガバンクが取引している顧客層にはあまり資金需要がないため収益力が低下しています。そんな状況の中、銀行間の競争も激しくなり、本業の貸出業務は金利低下の一途を辿っています。もちろん貸出以外にも海外に事業を展開したり、決済や、外為であったりと色んな収益の柱はあります。しかし、海外事業は思うように収益を上げられていませんし、決済や外為もフィンテックの参入などの影響から、今後厳しい環境になるのが必至です。

 そんな状況下で1番の問題は、銀行に不況から本気で脱しようとする環境が無い所にあります。特に支社だったのもありますが、短期的な目標、短期的な視点でしか物事を捉えられていません。今期の目標がどうだ等といった短い視点しかないのも、経営の中枢があと数年で定年の人で構成されたトップダウンの経営であることが大きな要因の1つです。自分が任期の間にどれだけ成果をあげるかというのを考えた時に、中長期的な視点より短期的な成果が優先されているんです。その為この環境を打開するような抜本的な変革をしようと言う雰囲気ではないし、出来るような環境では無かったです。そんな状況に不安を感じながら働き続けるくらいなら、スタートアップで挑戦してみようと思ったわけです。


--ご家族の反応はどうでしたか?

 正直なところ、かなり反対されました笑 ちょうど結婚のタイミングと重なっていて、結婚の籍を入れる二週間前に嫁に相談しました。

--よく破談になりませんでしたね笑

 本当に破談になる直前まで一回行きました。それでも最終的には、自身の決意の強さが伝わって快諾して貰えましたけれどね。向こうの両親にも結婚挨拶をしてOKを頂いたのですけど、改めてもう一度会いに伺って説明をする機会を設けました。スタートアップ自体は尊敬出来る先輩からの紹介というのもありましたし、何度か経営層や社員の方と会っていたので私自身、不安はあまりありませんでした。ただ、それを家族に説明するのはなかなか難しかったですね。

--入った当初はどういった心持ちでした?

 入った当初は、前職のカルチャーから180°違っていたので、戸惑いと新鮮さが入り混じった感情でした。それこそ服装からフランクですし、気兼ねなくお互いに情報共有が出来る所などは最初こそ戸惑いつつも、段々と楽しめるようになりました。業務に関しては、銀行にいた頃とは比べ物にならないスピード感で、付いていくのにも必死でした。アーリーステージのスタートアップとして一気にスケールする事を鑑みると、日々新しいことをしていかないといけないと思いましたね。他にも、違いとして感じたのは、アーリーステージの会社には仕組みやルールというものが無いので、それらを作っていく難しさを感じると同時にやりがいも感じます。


ここからエンタメ要素バシバシで行きます。

イケメンと言われても戸惑う

--アイドルになろうと思った事はありますか?

 かなりエンタメですね笑 アイドルは有りませんでしたけど、映画やアニメを見るのが好きだったので、声優になってみたいと思った事はあります。モノマネをするのが得意で、声優なら行けるかもしれないと思った時期は有りました。ちょっと似ているぐらいの完成度で全然自慢出来るようなものでは無いのですけれどね笑 

--ジャニーズに申し込むなどは?

 流石に無いです笑 ジャニーズって小学校、中学校くらいの時ですよね。僕6年生くらいからデブになって、中1までデブで、中2に身長が伸びたと同時に痩せたと言うタイプなので、多分ジャニーズとかの人たちの世代の頃にはただのデブ少年だったので笑 野球をやっていたので坊主頭でイガグリですし、当時のあだ名はガチャピンとか呼ばれていました。

--全然イケメンの通る道を歩んでいませんね。

 性格もその時の頃から繋がっているので、いまだにイケメンと言う風にいってくださっても全くそう思えないです。

--年齢を感じさせ無いぐらい爽やかですよね。

 今年30になるんですけど、威厳が無いから全く上には見えないと言うのはあるんですけど、最近抜け毛が多くて薄毛になっているんじゃないか気にしているのですが、大丈夫ですか?笑

本人は右側の男の子。

大切なのは盛り上げ役に徹すること

--学生時代とか、銀行マン時代とか凄いモテたんじゃないですか?

 それが本当にモテた時代っていうのが無くて、少なくとも学生の時は本当にモテなくて。よく言われていたのは、本当に残念な人だよねと言う所で、パッと見身長もあるので、見た目も雰囲気的に格好いいとか、同期も新歓の時にいってくれていたりしたんですけど、喋り始めたり、僕の事を知っていくうちに、イケメンキャラではないと言う事がわかり、喋ると残念なやつだねってなったのでモテた事はないですね。

--銀行マン時代もそうだったのですか?

 銀行時代も研修クラスとかあって男女いたんですけど、いじられキャラが定着していて、全くモテキャラではなかったです。どこのコミュニティいってもモテキャラでは無くて。合コンもほとんどいった事が無くて、多分いったとしても喋ったらこんな感じなので、盛り上げるんですけど、盛り上げ役で終わると思います。

--全くイケメンキャラを押し出さない感じが、好感を持てて逆にモテそうですね。

後輩からはそう言うキャラに親しんでもらえて、後輩からは好かれやすいタイプなのかなと思います。

--学生時代の1番の思い出は?

 学生の頃は映像制作をする部活に入っていて、プロモーションビデオとか、内輪だけで笑えるバラエティ番組とかを作っていて、それは結構面白かったですね。プロからしたらレベルの低いものなんですけど、作ったものを学園祭で流すとか、大学のインカレみたいなものでお互いみせあう発表会をちょこちょこやっていましたね。基本は飲んでばかりだったんですけど、イベントごとの時は結構しっかりやって、それはかなり印象に残っていますね。

--ご自分で撮られてご自分で出演されるんですか?

 プロとかを雇うような費用ももちろんないので、自分で出る時もあれば先輩、後輩など部活のメンバーで取り合う事が多かったですね。僕は格好いいPVみたいなものを作るようなタイプではなかったので、笑いのバラエティタイプをメインに作っていました。大体そういうのは自分で出ちゃいますね笑


--今ハマっていることは?

 今ハマっていると言ったら、もう終わってしまったんですけどバチェラーです。AmazonプライムのバチェラーやNetflixのテラスハウスなどの恋愛バラエティ番組はよく見ていますね。

--こだわりは?

 お菓子を食べ続ける為に食事制限や軽い運動を続けています。3度の飯よりチョコが好きなのですが、食べたらすぐに太る体質のため、ご飯やお菓子を食べる時は糖質をいつも気にしているんですよ。また、軽い筋トレを高校時代から続けており、最寄りの大江戸線から地上まで長い階段があるんですけど、エスカレーターを使わずに歩くなど地道な運動を続けています。

--苦手な事ってありますか? 

 苦手なことだらけで得意なことを探すほうが難しいです(笑)

最近は、ITツールを使いこなすことに一苦労しています。銀行時代は限られた自社システムを使うだけで良かったのですが、今は世の中にある様々なツールを使いこなせないと仕事にならないので悪戦苦闘中です。

人生一度切り。「やらない後悔より、やって後悔。」

--将来的な夢はありますか? 

 就活時代から一貫していることですが、世の中にこれまでなかったサービスや商品を提供し、新たなインフラを構築したいと考えています。OLTAが提供する新たな金融サービスが、中小企業の資金調達のメインストリームとなれる様に頑張りたいです。

--5年後はどんな感じですか? 

 仕事はもちろんですが、家族との時間も充実していたいです。銀行時代と違って3年毎の転勤もなく、ワークライフバランスがとれる会社だと感じています。

--転職を考えている人にメッセージをお願いします。

 人生一度きりなので、「やらない後悔」だけはしないで下さい。

私自身そうでしたが、将来について不安を感じていても、別の道に進むのに気力と体力がいるため行動に移せていない人が多いのではないでしょうか?

そういう人は、今いる会社の業界環境や社内風土などを冷静に見極めた上で、それでも不安が残るなら、転職することをオススメします。結果的に良い転職になるかは分かりませんが、その経験も含めて必ず自分を成長させるからです。何より、自分の意思で選択したことなら必死に頑張れますし、あとで後悔することも少ないと思います。

OLTA株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings