This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

みなさんには、期待と期待と期待しかない!!20卒内定式。「入社までの半年は、プロとして働くための準備期間に」

10月10日、「2020年度 新卒 内定式」が開催されました。

まずは、代表三原の祝辞から。


ネクストビートのなかで、"どういう山に登るのか、どういう登り方をするのか”を入社までの半年間で考えてほしい

「内定おめでとうございます!
数ある企業から、ネクストビートを選んでいただきありがとうございます。
私からお伝えしたいことは一つだけです。
何社もの内定を頂いている優秀なみなさんが、「ネクストビートへ入社する」という意思決定をして頂いたことは大変嬉しく思っています。ご入社までの半年は、その覚悟を行動で示して頂く期間として頂きたいと思っています。
面接時にほとんどのみなさんが「自己成長したい」という話をしていましたが、同世代のスポーツ選手だと、既に自分の進む道を決めて、その道でプロフェッショナルとして生きていくための活動をしていると思います。我々の会社も「プロカルチャー」を掲げ、プロフェッショナルとして全社員が誇りをもって働くことを目指しています。その会社に新卒入社するということは、プロ野球選手で例えると、プロ野球球団に入団して、はじめてバットを握る、はじめてボールを投げることと同等のことを始めるんだ!と。みなさん自身の意思決定で、この道に進むことを決めていただいたと思っているので、ネクストビートという会社のなかで「どういう山に登るのか、どういう登り方をするのか」を入社までの半年間でぜひ考えていただければと思います。海外旅行とか行くかもしれませんが、考える時間はあるので(笑)頭の片隅に置いていただけると。
そして、良くも悪くも、ネクストビートは新卒扱いされない会社です。経験・知識関係なく即戦力として、入社して数週間後にはアウトプットを求められる環境です。みなさまには「期待と期待と期待!」しかございませんので、そういった環境に半年後にはなるという心構えをしていただければと思います。それぞれのご専門のプロとなるみなさまと、半年後、一緒に働けることを楽しみにしております」

三原の熱い祝辞のあと、内定者の一人ひとりに内定証書を授与させて頂きました!


続いて、内定者代表スピーチです。
ビジネス職、エンジニア職、デザイナー職それぞれから代表して1名の方に、登壇いただきました。

ネクストビートに入社すると選択したことを正解にするために、全力で結果を出す

ビジネス職代表して、石橋 将さんより。

「今日は内定式を開催いただきありがとうございます!せっかくなので、私が初めてネクストビートに訪問した時の話をさせていただきたいと思います。説明会に参加し、澄川さんに企業選びの軸について質問した際「就職活動に正解はない。意思決定したものを正解にしていけばいい」と言われて。なるほど!と腹落ちし、就活の悩みがなくなりました。
私たちは、数多くの企業のなかから、ネクストビートに新卒入社をするという選択をした。内定者の人数でいうと、16者16様の入社を決意した理由があって、その選択を正解にするために、社員の方に採用してよかったと思っていただけるよう、全力で結果を出していきたいと思っています。入社までの半年、三原さんの言葉を借りれば、入社してすぐ、良いスイングができるよう、良い球が投げれるための準備期間にしていきたいと思っています。
まだまだ至らない点が多い私たちですが、これからもご指導のほどよろしくお願いします」

わたしのやりたい、こうしたい!と思う気持ちを全力で汲み取っていただき、それを最高のスピード感で実現してくださった

エンジニア職を代表して、岡添 桃子さんより。

「昨年11月に内定を頂いた後、10ヶ月間内定者インターンとして働いており、あと半年で入社できると思うと楽しみです!
私はエンジニア職のなかだと異色の経歴(※詳しくは内定者インタビューをお読みください)で、昨夏はビジネス職のサマーインターンに参加し、そのあとの面談で「エンジニアやってみたいです」と言ったら、CTOである衣笠さんと面談させていただいて、気がついたらエンジニアとして長期インターンが始まっていました(笑)。そして、その10日後には内定承諾していて、自分でもよくわからないスピード感でしたけど、それを認めてくださるこの会社は本当にすごいと心から思いました。他社で同じような希望を伝えたこともあったのですが、「そもそもエントリー窓口が違うから受け直して」と通り一遍の返答で…。その点、ネクストビートは、わたしのやりたい、こうしたい!と思う気持ちを全力で汲み取っていただき、それを最高のスピード感で実現してくださった。もうそれだけで内定承諾即決でした!みなさんも似たような経験をして、魅力を感じて入社を決めた方もいるのではないかと思います。入社までの半年で、できる限り技術力をつけて、一刻もはやく会社の役に立てるよう頑張っていきたいと思います」

サービスの向こう側にいる人たちの環境を認識し、ライフスタイルや人生の転機を応援できるものをつくりたい

デザイナー職を代表して 百目鬼 多恵さんより。

「私は宮城県の工業地帯の生まれで、小学校の同級生のなかでも、大学に進学した人は60人のうち4人くらいです。上京し美大にまで行かせてもらって、この場に立てているのは、家族のお陰だと思っています。ネクストビートは『人口減少社会において必要とされるインターネット事業を創造し、ニッポンを元気にする』という理念を掲げてサービスを展開していますが、サービスの受け手の方を誰よりも知る努力をしたいと、先日ホリエモンさんが「月給14万円の人は自己責任だ」と発言していたときに思いました。
これからデザイナーとして、サービスの視覚的な部分をつくることになるのですが、ユーザーにできるだけ前向きな気持ちになってもらえるよう、ライフスタイルや人生の転機を応援できるものをつくりたいと思っています。これからどうぞよろしくお願いします!」

最後に、CXO陣との記念撮影を。

この後は、半期に一度、ネクストビート全社員が一堂に会する全社総会”FY19ネクストビートサミット”に参加するために、会場であるセルリアンタワーへ。

その前に、セルリアンタワー東急ホテル内のレストランにて、CXO陣との懇親ランチも開催されました。

サミット会場でも記念撮影!

みなさま、改めて内定おめでとうございます!

ネクストビート新卒4期生として、ご活躍いただけることを心より期待しております。


▼21卒 本選考スタートしました!

▼21卒向け、キャリア相談会・ランチ会も実施していますので、お気軽にご相談ください!



株式会社ネクストビート's job postings
45 Likes
45 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more