This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

What we do

四半期ごとのkickoff会議の様子
“Fit Your Life”をブランドコンセプトに、サイズだけではなく、お客さま一人一人の価値観やライフスタイルにフィットするオーダーメイドのビジネスウェアを提供しています。 ■サービスが生まれたきっかけは、代表の森の原体験から 代表の森が不動産ベンチャー時代、「自分の体型に合うスーツがどこにも売っておらず、困っていた」という悩みを抱えていました。森自身、身長が高く、腕が長いため、既製品のスーツではサイズがフィットしていませんでした。 そこで友人に相談したところ、オーダーメイドを勧められ、購入。届いた商品のフィット感に感動しました。しかし、知人に聞くと「オーダーメイド = 敷居が高い、価格が高そう、自分とは縁のなさそうなもの...」という意見が多数でした。そこで、「テクノロジーを活用し、このハードルを下げることができれば、新しい価値を創ることができるのでは?」という着想から、サービスが生まれました。 ■サービスについて カスタムオーダーのECサービス「FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)」の開発・運営に力を注いでいます。特徴はネットとリアルを融合させた新しい「顧客体験」です。 01. 自分の体型データをクラウドに保存し、最適な1着をオンラインからオーダー FABRIC TOKYOのサービスをご利用いただくには「お客さまの体型データ」をご登録をいただくところがスタート。初回のお客さまには、店舗にご来店いただき、採寸をはじめ、お客さまの悩みや要望をヒアリングし、電子カルテをタブレットでデータ化します。 一度、マイページへ採寸データが登録されることで、以降はお客さまにぴったりの1着をいつでも、どこでも、どのデバイスからでもご注文いただけます。FABRIC TOKYOのサービスをご利用いただくことで、従来、洋服の買い方のスタンダードであった「試着」からお客さまを解放します。 02. 一人一人のニーズにフィットする、オリジナルの商品ラインナップ FABRIC TOKYOでは、手の届きやすい価格帯の定番素材をはじめ、独自の商品開発に力を入れています。 自転車通勤をする人、ビジネスリュックを背負う人のための耐久性に優れた素材「COMBATWOOL」、作り手全員の顔が見えるトレーサビリティースーツ、移動や出張が多い人向けにシワにならない「TRAVEL」など、多様化するライフスタイル、ニーズにフィットするラインナップを多数取り扱っています。 ”イチ商品、イチ機能” を持つ、オリジナルラインナップの開発に挑戦しています。 03. 今までの店舗の常識を覆す、「モノを売らない店舗」 FABRIC TOKYOの店舗は、商品の販売ではなく、「採寸とお客さまとのコミュニケーション」の場として特化しているため、商品の陳列がありません。 私たちの中で店舗は、インターネットで購入することをサポートする場所。社内では店舗スタッフも“コーディネーター”と呼んでいます。 店舗はあくまでもお客さまとコミュニケーションをし、購入をサポートする場という位置付けで運営をしているため、「店舗で売ること」に執着する必要がなく、本当の意味でお客さま一人一人の悩み、理想に寄り添う接客をすることができます。

Why we do

服をライフスタイルに合わせる
すべての人がネットでサイズを気にせずファッションを楽しめる世界
私たちのミッションである「自分らしいビジネスウェアを通じて、働く楽しさを届けるオープンなプラットフォーム」をつくるために、日々挑戦しています。 サービスとしては小売・アパレル領域で事業を行なっていますが、私たちは「洋服」を提供している企業ではありません。 私たちは自分たち自身を「働く楽しさを探求する企業」と定義し、オープンなプラットフォームを創造することで、ミッションを成し遂げようと挑戦しています。 目指すのは、古く非効率となってしまっているアパレル業界の仕組みを、テクノロジーによって今の時代に最適化すること。 そして、「世の中にたくさんの洋服が溢れかえっているにも関わらず、自分にぴったりな洋服が見つからない」という誰しも一度は感じたことがある課題を、インターネットテクノロジーを活用、解決し、FABRIC TOKYOが「自分らしいビジネスウェアを通じて、働く楽しさを届けるプラットフォーム」となるような世界を目指しています。

How we do

オープンな社風をオフィスの設計にも落とし込んでいます
FABRIC TOKYOでは、全社共通でミッションを達成するために、3つの価値基準を設定しています。これらはFABRIC TOKYOのコアな価値基準であり、新しい挑戦をする時、仕事がうまくいかない時、新メンバーの採用など、すべての業務においてバリューを重要視し、仕事に臨んでいます。 ■バリュー(私たちの価値基準) 1. Vision Driven いつもビジョンを軸に考えます。今に最適化するのではなく、未来のあるべき姿を描き、自分たちの手でそれを実現します。 2. Always Why, Always Run 常に考え続け、常に行動し続けます。絶え間ない問題解決の繰り返しによって事業の成長に貢献し、自分自身も成長し続けます。 3. All for One メンバー全員の力を結集して最高の事業を創ります。自分や自分のチームだけでなく、会社全体のために行動します。

Page top icon