This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

【LITALICOライフプランニング】保険代理店で店長として働いていた私が思う「本当に必要なライフプランニング」

”LITALICOライフプランニング” お子さまとご家族が「自分らしい人生」を歩んでいくために福祉とファイナンス、その両方の専門家としてライフイベントやライフプランの見直しを相談できるパートナーです。

様々なキャリアのバックボーンを持つ方が活躍しているライフ。
今回は、保険代理店から転職して育成企画兼チームマネージャーとして活躍している、望月さんにインタビューをしました。


店長の先にあるキャリアイメージが持てなくなり、”自分が成長できる環境”について考えた。

前職では、新卒で入社した保険代理店にて店長として働いていました。
転職を意識し始めたのは、人事面談で「来期はどこの店舗に行きたいか考えてみて」と言われたことがきっかけです。

平均3年くらいの任期で店長は店舗を異動するのが通例だったんですが、自分のこれからのキャリアを考えた時に、3年毎に店舗を異動しながら店長職を続けることに漠然とした不安を感じました。

「このまま店長を続けていく中で自分はどう成長していけるんだろう」と思ったんです。

他に考えられるキャリアパスは、本社にて管理や企画業務を中心に行う方向だったんですが、本社は現場と全く違う組織文化が根付いており、自分が現場で培った専門性を活かすことが出来ないため、前向きなキャリアイメージを持てませんでした。

現場での仕事は好きだったので、この先も会社に残るとしても悔いのないようにするため、他の会社の仕事やキャリアを見てみようと思いました。

転職への具体的なイメージは持たず、数社ほどお話を伺いました。
LITALICOライフを知ったのは、採用担当の方からの熱烈なスカウトメールです。
同じ人から3通ほどスカウトメールが来ていたんですが「何度もご連絡してすいません!どうしてもお話したいので、一度お会いさせてください!!」と書いており、たくさん来るスカウトメールの中で、その人だけ熱量が違っていました。

本当にその人にあった保険を提案するためには、そのひとりのライフプランを作らなければならない。

LITALICOライフを知った最初の印象は「障害のある方向けのライフプランニングでお金を取っている会社なんだろうな」ぐらいに思っていました。

正直に言うと、最初から障害福祉分野に関心があったわけではなかったので、障害福祉とファイナンスが繋がりませんでした。
ライフプランニングを謳って保険を売る会社は世の中にたくさんあるので、その一つかなと。

でも実際にお会いしてお話を伺うと
自分が今までいた保険業界では、最終的に保険を販売するための手段として”ライフプランニング”を行っていたのに対して、
LITALICOライフでは、共に描いたライフプランニングを実現させるための手段としての保険を提案していることがわかったんです。

前職で感じていた「本当にその人にあった保険を提案するためには、そのひとりのライフプランを作らなければならない」という思いと繋がるところがありました。

お客様は”保険の相談”をするためではなく、お子様と家族の”これからの人生”について相談しにくる。

実際にライフコンサルタントとして面談をして、顧客が抱える困難さをより実感出来ました。

障害のあるお子様がいるご家庭では、「どうしたら自分の子供を自立させることができるのだろう」と見通しを持てず、葛藤されている方が多くいらっしゃいます。

例えば、お子様の自立を考え特別支援学校を検討されているご家庭で、「就職するために特別支援学校に行くしかないと思っているけど、キャンパスライフなどを経験できず、仕事も選べない人生は本当にこの子の幸せなのだろうか...」と悩んでいるお母様がいらっしゃいました。

そのご家庭には、自分のペースで学ぶことができる通信制高校やお子様の個性を活かすことができそうな特例子会社など情報を紹介しながら、その家庭の未来を共に描いていきました。

初回の面談終了後、「望月さんとお話して未来が明るくなりました!」と言ってもらえてとても嬉しかったです。
このご家庭は、未来が描けたことで、どうやって資金を準備していくか?ということにも目を向けてもらえるようになり、2回目以降は具体的なファイナンスのお話に進むことになりました。
LITALICOがこの事業をやる意義やLITALICOだからできることをより深く理解できた、印象深い面談でした。

LITALICOライフは”保険の相談”をするためではなく、お子様と家族の”これからの人生”について相談することから面談がスタートします。
保険業界にいる時よりも自然な流れで、そのご家庭のライフプランニングのお話をできることは前職との大きな違いだと思います。

一人ひとりが「事業をより良くするため」に自ら行動できる組織だから、失敗を恐れずに挑戦できる。

ライフで働く社員は、様々なキャリアのバックボーンがあります。
わたしのように保険業界にいた方もいれば、教育業界やソーシャルワーカーとして勤務されていた方もいる。

でもこの事業で目指しているビジョンは全員一致していると感じます。
事業を更に良くすることへの議論が常に行われているからこそ、自ら行動し変化することに不安がない文化です。「行動したい人」「挑戦したい人」は輝ける組織だと思います。

なにか課題や問題に直面した時に、「自分の力で切り開きたい!」と遠慮なく手を挙げる人が多いからこそ、失敗を恐れず挑戦することができるなと思います。

他の社員インタビューもチェックする

【LITALICOライフプランニング】「自分が何をしたいか」に向き合う事で、訪れた大きな変化。

【LITALICOライフプランニング】誰かの後を追うのではなく、自分自身で道をつくっていきたい

株式会社LITALICO's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings