This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

社員インタビュー vol.17 〈雑草魂〉「インフルエンサーの為に、自分の為に。頑張れば頑張っただけ、幸せを実感する会社。」

こんにちは。

LIDDELL(リデル)の服部です。


最近、待ち望んでいたライターさんが入社しました!(歓喜)気さくでいて物腰が柔らかく、お子さんがいながらバリバリ働くキャリアウーマンな彼女。

しかし、、、

あだ名が『夫人』(自己申告)

最近入社した仲間も既存メンバーに劣らぬ とんでもない強者だということは間違いなさそうです。←


さて、前回の社員インタビューでは、元バックパッカー・リデルのワイルドお兄さん萩原さんにインタビューさせていただきました。(詳しくは社員インタビューvol.16〈#iamwhatiam〉「一生懸命、がむしゃらに。頑張った先に見えたもの。」をご覧ください!)

そんな萩原さんが「大好きな社員」として選んだのは、サービスに寄り添い、人に寄り添う『リデルの母』 伊東 美波さん


今回は、 社内からもインフルエンサーからの信頼も厚い敏腕ディレクター・美波さんにお話を伺いました。

*******************

Q1.簡単に自己紹介をしてください。

伊東美波です^^

入社して1年8ヶ月ですが、もう古株ですw


Q2.「リデルに入社しよう!」と思ったのはなぜですか?

「めっちゃ面白そう!」

この一言だけ聞くと適当に聞こえますよね、、w


実はLIDDELLの中でWantedly採用の第一号なんです。同業種の面談をいくつかしましたが、「めっちゃ面白そう」と感じたのはLIDDELLだけでした。今まで何事も直感を大事にしてきていたということと、面談している時に代表の福田が「いいじゃん、一緒にやろうよ!いつからこれる?」とスピーディーな対応に惹かれて入社することを決めました。


Q3.リデルのどんなところが好きですか?

限界をつくらず、追求する人が多いところ。

自分で限界突破できる人は強いです。


Q4.仕事のやりがいを教えてください!

弊社には「INFLUENCER ADVANCE:インフルエンサーを前進させよう」という言葉があります。私は常にインフルエンサーと関わる仕事をしているので、インフルエンサーのInstagramの更新などは毎日チェックしています。そんな中で「このインフルエンサーにはこんな投稿がしやすいんじゃないか」ということを日々考えながら、インフルエンサー毎に合ったディレクションを心掛けてきました。

それで先日「美波さんだから引き受けようと思う」とインフルエンサーに言われたことが嬉しくて、ずっと心に残っています。

クライアントの商材に合ったインフルエンサーを選定することも大事なので、うまくマッチして成功したときはとても幸せです。クライアントもインフルエンサーも、そして私たちLIDDELL社員も、みんながHAPPYを感じた時にやりがいを感じます。


Q5.「こんな制度、あったら面白いんじゃない?」を提案してください!

海外研修!!!

昨年パリ出張に行ったのですが、初ヨーロッパということもあり、全てが新鮮で勉強になりました。海外には日本とはまた違うクリエイティブや刺激的なものがたくさんあります。常に新しいサプライズを仕掛ける立場として、いろいろなものに触れて勉強したいなと、、!


Q6.どんな仲間が増えたら嬉しいですか?

諦めずに戦える人。

コミット力がハンパない人。


Q7.あなたが仕事に求めるものを教えてください!

高い壁と信頼

「うわ、越えられなさそーー!」ってくらいの案件がくると「絶対やり切ってみせる!」という覚悟が生まれて、やる気が増しますw 過程はとても苦しいですが、「越えたらまた成長できる、、」と心の中でにやにやしながら取り組んでいます。ドMなのかもしれないですw

あとは一緒に働く上で「信頼」は1番大切ですね。


Q8.自分を表す#(ハッシュタグ)を教えてください!

#雑草魂

これまたよく聞く言葉ですが、、。

わたしはベンチャーでよくあるリファラル採用でもなければ、この業界も未経験で入社しました。思い返せば「最初はこんなこともしてたなー」って笑っちゃうくらい本当になんでもやっていたことが懐かしいですw

自分の過去や経歴を振り返っても、キレイに生きよう、こなそうなんて自分には絶対に無理なので、中1からですかね、、それから今までずっと雑草魂で生きてきました。(なんか壮大になっちゃった、、w

良くも悪くもこれが私にたくさんのことを教えてくれた気がします。もがくことは決して見苦しくなんてない。たくさんの経験が自分の価値になる日がきます。


求めよ、さらば与えられん。

尋ねよ、さらば見出さん。

門を叩け、さらば開かれん。


>いつも“一生懸命”で溢れている美波さんです^^


Q9.今この記事を読んでくれている人にメッセージをお願いします。

LIDDELLはとってもスピードが早い会社です。

待ちの姿勢でなく、我こそは!とどんどん挑戦していける方お待ちしています!


Q10.最後に、あなたが大好きなリデルの社員を一人紹介してください。

清水 聖也さん

年下の中でもとても頑張っている若手エンジニア。

忘れっぽいとこも愛嬌になるくらい素直でピュアなとこが◎w




─── 美波 さん、ありがとうございました!

******************

はじめて美波さんを見た時は、

『ファッショナブルな姐さんがいる…!』

…と、ちょっとビビっていた私ですが(笑)

一緒に仕事をしていく中で、いつでも一生懸命全力で答えを探そうとしてくれる美波さんに、純粋に人としての魅力を感じました。そんな美波さんは、社員からはもちろん、私たちのパートナー的存在であるインフルエンサーからも頼りにされている存在です。


そしてさり気なく、出身地が同じだったという事実。(中学はお隣で、部活も一緒…)

うーん、世間って狭い。笑


リデルの社員たちには「会社の目標をみんなで達成しよう」という信念があり、20代を中心にインフルエンサーという個人が働きやすくなる社会を目指して日々奔走しています。

社員一丸となって、事業を成功させたい!

個人で働く人たちの働き方をサポートしたい!

大きな課題にも全力で立ち向かっていくLIDDELLのメンバーたちと一緒に、個人が活躍する新しい時代を築きましょう…!








次回は、弟系若き愛されエンジニア!

清水 聖也さん にインタビューします!

>>つづく

LIDDELL株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more