This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

iOSDC Japan 2018に参加したら新たな感覚に目覚めた

こんにちは、LIDDELL株式会社 iOSエンジニアの@creaです。

先週8/30(木)〜9/2(日)に開催された、iOSDC Japan 2018に行ってきました。

iOSDC JapanはiOS関連技術をコアのテーマとした技術者のためのカンファレンスです。

今年で3回めの開催だそうです。おめでとうございます!

弊社で目下キックオフされる新規サービスに備え、開発を支え、完走させるための糧になりそうなトピックを中心に回ろう!といった意識で臨んだものの、
どのトークも大変に力と熱量が込められており、どれも興味深く聴き入ってしまいました。

特に心に残ったトークについて

おかげさまで会場には4日間いることができたので、本当にたくさんのトークを聴くことができました。


個人的にとりわけ印象に残ったトークを抜粋し、紹介させていただきます。
(スライド掲載について何かございましたら直ちに削除いたします。)

再利用可能なUI Componentsを利用したアプリ開発(前夜祭)

エンジニアも Atomic Design に習熟することでデザイナーと認識を共有することができ、より良いものを作り上げていくことができるのだ、という優しい世界に温かみを感じました。
コンポーネント実装のための実際のコードも門外不出感を感じられるもので、0日目からこれだけの内容のものが聴けちゃうんだ、来れてよかったなと早くも確信しました。
こちらのトーク以外にも、ツールとして利用するUIテスト、Playground駆動開発のすすめ など、前夜祭はビュー・UIに関するトークが数多くあり、そのいずれもが非常に濃いものでした。


MicroViewControllerで無限にスケールするiOS開発 (Day 1)

それは会場どよめくよな、ベストトーク賞も納得...という、聞いたことも考えつきようもないような発表でした。
20人のエンジニアから成る大規模なチームだからこそ誕生し結実したプラクティスだと思うのですが、
自分たちのチームでも取り入れられる構造やアイデアはないか、考えてみたいと思いました。
Mew、読み解いていきたいです。


宣言的UICollectionView(Day 1)

至極実践的・具体的なノウハウでありながらも、その実これは思考のフレームワークの作り方の話であり、問題を解くとはどういうことか?の種明かしをするトークなのだと感じました。
解決したい課題は何かを見極め、具体的なコードに落とし込んでいく。その流麗な展開に非常に感銘を受けました。
コードに美しさを込めていきたい、その美を追求したいと改めて思わせられた、個人的ベストトークです。


iOS × GraphQLの嬉しみとツラミ(Day 2)

次回の開発ではGraphQLを採用する予定のため、必ず聴きたい!と思っていたトークの1つでした。
これさえチェックすればGraphQLに入門でき、なおかつ実践的な知見までも含むという、15分とは思えない内容の厚さでしたね。
GraphQLやApollo iOSはREST APIとは異なる考え方で作られており、それぞれの働きを知り、お互いの関係性を紐解いていく必要があります。入門する際はそこにまず骨が折れるのです...。
が、そのあたり非常にわかりやすく解説されていました。
スライドの資料性が非常に高く、トーク終了後すぐに社内Slackにリンクを共有させていただきました。


iOSアプリの開発速度を170%に向上させたデバッグノウハウ(Day 3)

不安が実際のバグの傾向に結びつくように感覚を更新し続けよう

をはじめ、これをよく言語化できるなぁという言葉の応酬でした。
豊潤なスライド、情報量とわかり易さを兼ね備えたトーク、QAセッションにおける回答のキレなど、圧倒的なプレゼンだな、と感じました。

ここに挙がっている以外の全てのトークに、1ヶ月や2ヶ月ではとても足りない量の学びがぎっしりと詰まっていました。

思ったこと

エンジニアかっこいい

スピーカーの方や議論をリードしていた人からは、自分や自身の技術に自信を持っていて、周りに良い影響を与えられるのだというポジティブなエネルギーが伝わってきて、話を聴いていてとても気持ちがよかったです。
みんな格好いいな。

We are a community

会期中、著名な企業に属していたり、今をときめくスターエンジニアのトークを聴く機会がたくさんあります。
それでもそのトークからは、チーム固有の悩みや辛さを抱えており、現場で日々頭をひねっている苦悩も伺い知れました。
それは、私たちのチームの元にも日々生まれ出づるものです。
我々は同じ技術に触れ、サービスの開発を通して社会を良くしていこうと願う同士なのだ、
という感覚に目覚めました。😇😇😇

また、自身でOSSを開発されたというある方のトークの中で、(自身も)他の人の発表からインスピレーションを受け、実装の足がかりとなった、いう趣旨のお話をされていました。
誰かのアイデアが他の人のアイデアに繋がっていくんだ、「次」への想像力に火をつけることができるのだ、ということを知り、
我々は同じ生態系の中で生き、互いに影響をもたらしあう共同体なのだと感じました。😇😇😇

こう思わせるのは、運営のコミュニティ設計によるところも大きいと感じています。
実行委員長の長谷川さんが、どのような想いでこのイベントを運営し、何を実現していきたいのかを、エンディングトークの中で語られていました。
同内容の趣旨が昨年の長谷川さんのブログで触れられていたため、引用いたします。

2009年にUC Berkeleyで開催されたUC Berkley Haas Schoolの卒業生向けカンファレンス「All-Alumni Reunion Conference」で、TwitterのCo-founderのBiz Stoneさんが講演をしたのですが、その後にクロージングとしてHaas Schoolの学部長のRichard K. Lyonさんが来場者に向けて「We are a community. We are not a school. We are a community and your participation in it is where all the power comes from. Please stay connected with us.」と話していた、という話を最近聞きました。これを聞いた時に、まさに自分がiOSDCを通して実現したかったことはまさにこれだな、と思いました。

視点が少し高くなる

テスト書いて当たり前、それを自動化して当たり前、パフォーマンス計測当たり前。
そんな「当たり前の高さ」が感じられて良いですし、凄腕のエンジニアに囲まれて同じ時間を過ごす経験は、単純に刺激を受けまくります。
少しのきっかけで一歩踏み出すだけで、膨大な知見に触れられるとわかった今、
日常の業務だけにとどまり、「外」に目を向けていかないのは、
エンジニアにとっても、企業にとっても、リスクなのだとさえ思うようになりました。

LIDDELLなりのベストプラクティスを追求したい

ビジネスの要件が違う、リソースが違う、開発メンバーとその各々が持つスキルもそれぞれ違う。
そのチームにとって100%正解のベストプラクティスがあるのだとして、たとえそこに至るのは不可能だとしても、だからといってその探求を止める理由にはならなくて。
課題の解決や開発環境向上のために新しい技術に挑戦し、あがいていくことは、
怖いし格好悪いかもしれない。
けれど、現場で手を動かしてすり傷を負っていくことをしないと10%の正解にさえ近づけないし、知見は貯まらないのだな、ということを感じました。

来年はあの登壇の舞台に見合うだけの開発者になりたい...!

💪💪💪

充実した食事にビール、快適な設備、親切でホスピタリティ溢れたスタッフ、そしてお祭り感に満ちた空気のおかげで、素晴らしい体験ができました。来年もまた必ず参加したいです。
参加された方、スピーカー、企業ブースの皆さま・スポンサー企業様・運営の皆さま、お疲れ様でした&大いなる学びの4日間をどうもありがとうございました。

消費をアップデートさせたいエンジニア募集中です

LIDDELLでは、全く新しいECサービスの開発に力を貸していただけるエンジニアを募集しています。
カンファレンスの前夜祭から参加でき、
業界・入社3ヶ月のメンバーにも丸1日の学びの機会に送り出してくれる。
そんなエンジニアにとって理想的な環境で、一緒にものづくりしませんか?

web iOS エンジニア
未来のマーケティングを創りたいエンジニアWANTED!!
私たちLIDDELLは「個人の可能性を支援する」をコンセプトに、インフルエンサーマーケティングを手がける会社です! LIDDELLでは現在、以下のサービス・事業を展開しています。 ・国内最大級の企業とインフルエンサーとのマッチングプラットフォーム「SPIRIT」 ・企業のSNSアカウント運用代行サービス「PRST」 ・リアルでの施策からSNSウケまで包括したマーケティング提案 SNSを活用した取り組みは他にもあります。 昨年開催したインスタ映えするアート展「VINYL MUSEUM」は、 来場者の投稿をきっかけに訪れた人がまた投稿し、次の来場者が増え…というサイクルを作ることに成功し、連日盛況となりました。 更にはオフィス自体を「インスタ映えするオフィス」にしてしまいました! 会社に遊びに来るインフルエンサーの方々にも好評です。 今年はさらに飛躍の年にするべく、複数の新規サービスの立ち上げを進めています。 今参加すれば、サービスの根本から関わるエキサイティングな仕事ができます!
LIDDELL株式会社


またLIDDELL株式会社は、10/8(月) 開催される技術書典5に「LIDDELL開発部」として参加し、同人誌を販売いたします。
内容は、Rails、Swift、Elixir、ポエム...をはじめ、バラエティに富むものになる予定です。

ぜひ一度、オフィスに遊びに来ませんか?
「話を聞きに行きたい」心よりお待ちしております🙇‍♂️

では次回、技術書典5(と、その前のブログ)でお会いいたしましょう!

LIDDELL株式会社's job postings
Anonymous
Eae448ba 785b 48a6 a542 b323a3b6fae4?1554452257
9e5ee80f bf9c 4b01 a6a4 e26dcdcc4990?1527831914
2 Likes
Anonymous
Eae448ba 785b 48a6 a542 b323a3b6fae4?1554452257
9e5ee80f bf9c 4b01 a6a4 e26dcdcc4990?1527831914
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon