This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

新規開拓、海外出張など新卒も大活躍!Reluxの海外集客の中心となるGlobal推進グループの魅力とは

※2019年3月20日に広報ブログ(http://blog.loco-partners.com/)で投稿された記事です。

こんにちは、事業開発SBU Global推進グループの松井と申します。
現在Loco Partnersでは、中国、台湾、香港、韓国、シンガポールなどのアジア太平洋地域 (以降APAC)を中心にグローバル事業を展開しています。私の所属するGlobal推進グループではその海外集客の中心となり活動しています。
今回は、私がLoco Partnersに入社した理由、私の所属するGlobal推進グループでの日々の業務内容や働くメンバーを紹介していきます。

ベンチャーキャピタルを手伝った経験を通して湧いた、スタートアップへの興味

学生時代は学業とインターンを中心とした生活を送っていました。
私が入った学部では、大学1年生から既に会社経営をしている人、NPOを運営している人、行政の委員を務めている人、研究で賞を得ている人など、社会で活躍している人が比較的多い環境でした。この特殊な環境下で地方出身の私はその勢いに圧倒され、異なる価値観に影響を受けました。「とりあえず何かやってみよう」と、大学1年生の夏にイギリスのベンチャーキャピタルで短期のイベントの手伝いを始めてみた所、期間中、幸運な事に誰もが知る世界的インターネット企業の創業者らに会うことができました。この経験によって私は純粋に「スタートアップってかっこいいな」と思い、スタートアップへの指向性が高まりました。
その後は動機は不純でしたが私も事業を興したいという気持ちが高まりました。ただ、いきなり事業を始めるには性格上、勇気のいる決断であったため、まずはビジネスがどのようなものか知るべく、良い環境を探していました。そこで当時まだ使っている人も少なかったWantedlyでLoco Partnersに出会い、大学1年生の秋からインターンとして参画しました。Loco PartnersではWebマーケティングから事業開発まで幅広く担当し約2年間働きました。Loco Partnersを卒業後は、先述のベンチャーキャピタルにて投資先企業の日本進出、国内投資先と本社の連携をお手伝いしつつ、大学で私の研究に予算を出してくれる企業がいたので、日本のスタートアップ環境について研究をしていました。
大学時代の大半はスタートアップに関わることに時間を費やしましたが、卒業後の進路は、結局私は何をやっていきたいのかは良くわかっていない状態でした。もう一度再考した結果、宗教概念としてスタートアップが好きだったので、卒業後はスタートアップで就職先を絞り、発展途上国を中心に小口融資事業を展開するベンチャー企業で働きました。社会人としての当たり前を厳しく教えてもらえる非常に良い環境でしたが、インターネットサービスの世界へ戻りたい思いがどうしても強くなり、代表の篠塚とも再度話をして「インターネット x 旅行業界」で頑張ってみようと思い、Loco Partnersで働くことになりました。

Global推進グループとは


2018年12月、年間訪日旅行者数は3,000万人を超えて日々成長し続けています。Global推進グループでは、成長環境のインバウンド領域においてどのようにReluxを使ってもらうかをオンライン・オフラインの両面から考え、事業を推進しています。
Reluxの海外カスタマーの多くは、中国、台湾、香港、韓国といった日本の近隣国です。最近ではシンガポールなど、他のAPAC地域のカスタマーも増加傾向にあります。各国カスタマーの趣味嗜好も多様なためどのようにアプローチするべきか、仮説立案、検証プロセスを繰り返す毎日を各メンバーが送っています。

Global推進グループのメンバー

Global推進グループは国内で3名、中国子会社で7名の計10人です。日本人比率は20%以下で、日本語・英語・中国語・韓国語のうち3カ国語を話すメンバーも多く多様性に富んだメンバーで構成されています。日常のコミュニケーションは日本語が基本ですが、中国語、英語で会話をすることも多々あります。
業務は東京本社と中国子会社の2拠点から実行されています。東京本社では各国の経営管理業務、APAC地域の新規開拓を担当し、中国子会社では展開国のCRM業務、広告運用、中国事業の推進をしています。2017年に設立した中国子会社では、中国支社長の門奈を中心とし、大学生インターンも複数人在籍しており、各国のWeb広告運用、企業提携を積極的に行っています。

新規開拓、海外出張。入社1年未満でも活躍できる環境

私は入社以降、一貫してAPAC地域の新規開拓 (オンライン、オフライン)や、各国の戦略立案、経営管理体制作りなど幅広く業務を担当しています。どれも専門家と言うには程遠い状況ですがスタートアップらしく学びながら走りつづけています。
今は、出張機会も多く隔月で海外に出ています。出張先はどこも異なる文化圏であり、普遍的に通用する施策というのはありません。従って毎回どのような取り組みが現地で受け入れられるのか試行錯誤しています。例えば、韓国ではブログを見て旅行をする方が多く、オンラインで関係企業と連携することが重要です。一方、シンガポールではオンライン旅行業界の競争が苛烈をきわめているため、我々は日系企業とパートナーシップを組んでオフラインでPR施策、マーケティングを行う等のリソースの使い方をしています。
直近ではAPACの次の地域として北米領域も事業展開の視野に入っています。先日は代表の篠塚と共に米国西海岸へ出張へ行きました。現地での旅行会社へのヒアリングを通して富裕層の日本旅行、特にユニークな経験を求め旅館などに滞在する旅行者が増加していることがわかり、Reluxとしても今後アプローチを強化していきたいと考えています。


Global推進グループで1年働いてみて

Global推進グループはスタートアップそのものです。豊富な資金力がある競合に勝つ領域をどう見つけ局地戦に持ち込むか、難易度の高いミッションではありますがその分やりがいがあります。Global推進グループは入社年次に関係なく成長を志向する強い思いがあれば存分に活躍できる環境があります。高成長を続けるAPAC市場を中心に働き現地で顧客折衝スキルを磨く、自身の幅を拡げることは20代の私にとって良い経験となっています。

出典:https://blog.loco-partners.com/2019/03/20/145149

▼Loco Partnersでは20新卒も募集中です!
まずは話を聞きに、オフィスに遊びにきませんか?

新卒総合職
どこよりも成長できる会社で一緒に働きませんか?Reluxの新卒募集中!
宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」は、"本当にいい宿"に出会っていただくため。 日本全国の宿のなかでも特に満足度の高い宿泊施設だけをご紹介しています。 最新設備や最新技術、価格の高さ。 目に見えるもの、手に取れるものが評価されやすい今だからこそ、"見えないこと"にも焦点をあててReluxを運営してきました。 それぞれの土地の歴史、風土、人々の想い——。 そのすべてを発信することで満足度の高い体験を実現し、旅行者と地域、旅行者と宿、日本と世界の架け橋として世界中につながりをふやします。
株式会社Loco Partners(Relux)
株式会社Loco Partners(Relux)'s job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more