This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

「旅館やホテルの魅力を掘り起こして、発見と驚きを世界に伝える」 全国を飛び回る営業チームの目指すビジョンとは

代表の篠塚に続き、2人目のメンバーとしてLoco Partnersにジョインした取締役・営業部長の塩川。塩川は、年間200泊近くを泊まり歩いた、自他共に認める「社内で最も旅行好き」でもあります。そんな塩川のLoco Partnersへの思いや営業チームの醍醐味、そしてLoco Partnersのビジョンを聞きました。

経歴

1979年生まれ、立命館大学経済学部卒。株式会社ジェイティービーを経て、株式会社リクルートへ中途入社。旅行事業部にて、首都圏・伊豆・信州エリア責任者を歴任し約2,000件以上の担当を歴任。その後、トラベルズージャパン株式会社にて、エンターテインメント企業、旅館・ホテルの営業責任者として従事し、2012年7月より株式会社Loco Partners取締役に就任。趣味は旅行、ランニング、剣道など

人生を変えた旅館との出会いと代表の熱い口説きがジョインのきっかけに

「取締役・営業部長として猛進する塩川さんがLoco Partnersにジョインするきっかけは何だったのですか?」

塩川:リクルート在職時に約2,000件以上を担当していたのですが、「生まれ変わっても旅館をやりたい」と仰る伊豆の旅館の社長さんに出会い、その時に自分の仕事のスタンスが大きく変わりました。単純に憧れたんですね。「いち企業のエリア担当として旅館様を担当するのではなくて、この社長さんと同じくらいの覚悟で仕事をしたいな」と思うようになりました。この時が29歳位の頃で、この社長さんのような強い覚悟を持つ旅館を一生応援できるような仕事をしたいと思うようになりました。

 その後、自分自身は外資系のベンチャーに身を移したのですが、震災を機にリクルートの後輩だった代表の篠塚が起業し、「一緒に棺桶に入るつもりで旅行業界で仕事をしましょうよ。一緒に旅館様に恩返しをしましょうよ」と半年ほど熱心に誘ってくれました。妻の後押しもあって、Loco Partnersにジョインすることを決めました。

「旅館と旅行者、双方の幸せを願うサービス」reluxの誕生

「その後、どのような想いからreluxが生まれたのでしょうか?」

塩川:reluxを立ち上げるまでの半年間は、これまでご縁があった旅館様のソーシャルメディア関連のお手伝いをしていました。ただ、その間も友人から個人的に「お勧めの旅館ない?」というような、旅行の相談を受けることが多かったんですね。その相談を受けつつ、「これだけ旅館が沢山あるのに、私に相談が来るっていうことはどういうことなんだろうか?」と考える一方で、「今、担当している旅館様だけを応援するという手法で良いのだろうか?」とも考えていましたね。旅館様には本業である「おもてなし」を追求してもらいつつ、旅行する人たちには、まだ知らない日本の素晴らしい旅館様に出会って欲しい。その考えがベースとなって、お客様と旅館様を繋ぐreluxの構想が出来上がりました。

いくら旅行が好きという強い想いを持っていたとしても、旅館様がいなければ旅行は成り立たない

「営業チームを牽引する塩川さんは、普段どんなチームづくりを心掛けているのでしょうか?」

塩川:弊社は、旅行者の方に最高の旅を楽しんでいただくことが最重要だと考えています。しかし、旅行する方々に楽しんでいただくためには旅館様の力が必要不可欠ですよね。その為に弊社の営業チームは「本気で感謝できる」チームでありたいと思っています。僕らが、いくら日本や旅行が好きという強い想いを持っていたとしても、観光拠点である旅館様がなければ、旅行は成り立ちませんし、旅館様があってこそ旅行者の満足があり、旅行産業・宿泊産業が成り立ちます。伝統のある家業の社長さんや自ら起業した社長さんなどの生身の人生が集まっている宿泊業に携わる方々は、私にとってリスペクトすべき存在です。なので、あくまでもゴールは旅行者の満足ではあるのですけれども、そこに必要不可欠な旅館様へも感謝できるチームでありたいなと思います。    しかし、旅館様だけのことを考えれば良いというわけではなくて、旅館様がお客様に支持されるようなご提案ができてこそ、感謝もお伝えできるのだと思っています。なので、「お客様ファーストだ!」「旅館様ファーストだ!」と、どちらか一方に寄っているというわけではなくて、どちらにも届く感謝の伝え方があると思っています。旅行は気候・天候など予測できないことに左右されますし、体験やサービスは取り戻せない、返品ができないという意味でも、1つ1つの仕事に感謝しなければいけないと思っています。旅館に携わる方々の表情や想い、苦労や、旅によって人生が変わったというようなエピソードを伺うと、自分たちが携わる仕事がいかに尊いかということに気づき、誰もが自然と周囲に感謝できるようになるんです。

「『感謝ができるチーム』ってまさに塩川さんのチームらしいな、と思います。」

塩川:もちろん、「感謝ができるチーム」だけではなく、『「成果」を求めるチーム』でなければいけません。その為には、夢や志を誰よりも強く持たなければなりませんし、これは大前提です。結果が出せなければ、単なる夢で終わってしまうので、結果にきちんとコミットして、成果に繋げられる提案を自らで考える、責任感のあるチームにしたいですね。その為には幅広い知識、更に旅行業界に対する深い知識や新しい知識も求められます。こうした知識に対する興味や感性、旅行業界に対する情報や人脈もキャッチアップして、絶えず学び合えるチームでいたいなと思っています。

思い描くのは他業界にも負けない「幸せ産業」

「今後、塩川さんの営業チームは何を目標としているのでしょうか?」

塩川: 営業部のミッションの一つに「旅館、ホテルの魅力を掘り起こして、発見と驚きを伝える伝道師になる」というものがあります。ホテル・旅館のおもてなしの裏側までを取材して掘り起こし、日本の地域や旅館様の魅力を届け、国内外のお客様とのつながりを増やそうということです。私たちが日本中にある旅館さんを訪れると、色々な歴史やそこにいる方々の背景、想い、乗り越えてきた困難など、ネット上では見えないような生のストーリーが見えてきます。こうした部分にフォーカスして、私たちが感じたものをrelux上で表現することによって、国内外を問わず、旅館様のファンができていくと思っています。

 そのために、旅館様と旅行者のベストマッチ(業界1位)を実現する営業部を目指します。単純に満足度の高い旅館を集めてサイト上で紹介するのではなくて、我々が「この旅館様のここが魅力なんですよ!」と伝えることで、地域・旅館様の魅力を伝え、お客様が求める旅のシーンにあった旅行を提案していきます。旅館様も人間と同じで、万人受けするような旅館様ばかりではありません。個性や特徴、強みもあれば弱みもある。課題ももちろんあって、それは人と同じなんです。旅館様にも人格のようなものがあるんです。私たちは、こうした旅館様の弱みを減点評価するのではなくて、「ここは少し良くないのだけど、おもてなしがどの旅館さんよりも暖かくて、リピーターさんがとても多いんですよ!」ときちんとお伝えすることで、その旅館様のことをお客様により正確に伝えられる。

 そんな伝道師になるためにも、私たち営業チーム自身がそれらを感じ取っていかなければならないと思っています。reluxを通じて営業チームが旅館様の「良い伝え方」にこだわることで、また旅行にいきたい!と思える人を増やしていく。そんな世界観の山を登っていきたいですね。それは旅行業界云々という話ではなくて、他の業界にも負けない「幸せ産業」として私たち自身が価値を生み出していきたいということです。人間はいずれ必ず死んでしまいます。そうしたひとりひとりの人生の中で、旅行というものは「別に行かなくても良いもの」かもしれない。でも旅行に行くのは、幸せになりたいから。そういう方がいて、それを実現する旅館様や私たちがいる。そこに寄与できるというのは幸せなことだし、旅館様と一緒に人々の幸せに貢献できる、そんなサービスにしてきたいと思います。

Loco Partnersでは全国の一流ホテル・旅館に対する企画営業職を募集しています!

いかがでしたか?Loco Partnersでは塩川営業部長の元で、reluxを一緒に盛り上げてくれる企画営業職を中心にメンバーを募集しています!詳細は下記募集ページをご覧ください!   日本の魅力を世界へ! 一流ホテル・旅館に対する企画営業職を募集! https://www.wantedly.com/projects/49692

reluxの舞台は世界へ!魅力ある旅先を発掘する企画営業職をWanted! https://www.wantedly.com/projects/8622 

《9億円調達》日本観光の魅力を世界へ!急成長中の訪日旅行事業メンバー募集 https://www.wantedly.com/projects/52520

日本を旅するrelux営業チームブログ http://sales.loco-partners.com/

Loco Partners 社長Blog http://www.shinojapan.biz/

株式会社Loco Partners(Relux)'s job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings