This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

What we do

ハヤブサをモチーフにしたプリザンターの製品ロゴ。かわいい?かっこいい?と評判になっています。
新しくなったオフィスのエントランス。平日日中はいつも解放していますので、お気軽にご訪問ください。
業務アプリケーションを素早く作成することができるオープンソースソフトウェア「Pleasanter」を開発しています。Pleasanterは「マネジメント快適化」というコンセプトのもと「管理」のお仕事を楽しく快適に行うために、元富士通グループのメンバーによって開発されました。 マネジメントが楽しく快適になると多くの雑務から解放され、より創造的な仕事に打ち込めるようになります。私たちは、ソフトウェアのチカラで人間らしいワークスタイルを実現し、企業や社会が豊かに成長できる未来を目指します。 株式会社インプリムHP https://implem.co.jp オープンソースソフトウェア Pleasanter https://pleasanter.org

Why we do

60インチディスプレイを備えた勉強会スペースは、IT関連の勉強会であれば無償で貸し出しています。
中野の美味しいお店(お肉、お魚、ラーメン、カレーなど中野にしか無いお店がたくさんあります)
デスクワークの現場では、膨大な手作業や人海戦術で疲弊してしまう人が沢山います。そのお仕事、ソフトウェアで出来るよね?! 私たちは、いつもそのように考えています。機械的な単純作業を減らし、人間的な創造力を発揮できる仕事を増やしたいと願っています。 そのためには誰もがソフトウェアで様々な仕事を快適にできる世界が必要です。ソフトウェア技術者だけでなく、様々な職種の人たちが、自らの仕事をソフトウェアによって簡単に変えていくことができる世界です。 私たちは、そうした未来を実現するために、ソフトウェアを作り続けます。

How we do

小さい会社だからこそ、楽しく仕事をしたい。仕事を楽しく進めるためのルール作りもメンバー全員で考えます。
中野通りは桜の名所、インプリムの2階の窓からお花見ができるのです。
2017年に設立したばかりの小さな会社ですが、大手のお客様を中心にやりがいのある仕事をしています。メンバーは大企業の出身者が多く、大きな仕事を多数成功させた経験を持っています。 私たちがソフトウェアを開発する上で、拘っているポイントは次のとおりです。 ・どんな仕事にも汎用的に使えること ・快適なパフォーマンスで使えること 私たちは、とことん汎用的なソフトウェアを作りたいと考えています。顧客管理や案件管理といった1つの仕事だけをこなすパッケージソフトウェアは沢山ありますが、そういったものは作りません。とにかく世の中に広くつかわれるソフトウェアを開発します。 また、現場で使えるパフォーマンスを追及します。機能が豊富でも、遅くてイライラするソフトウェアは役に立ちません。そのため、高速に動かすためにはどうすればよいか、常に考えながら設計し日々改善を繰り返しています。 開発したソフトウェアはオープンソースソフトウェアとしてGitHubに公開し、広く世の中に公開しています。