This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

What we do

産業向けのVRにも取り組む
アミューズメント施設の課題を解決する「オルタランド」
ハシラスは、日本でVRビジネスが立ち上がり始めた2014年からVRコンテンツ制作を行っています。ハイエンドなVRヘッドセットと独自開発の体感ハードウェアを組み合わせたリッチかつインタラクティブなVRコンテンツが評価され、これまでに多くのアミューズメント施設に納入。また、マンガやアニメ原作のVRコンテンツの開発も行っています。 HTC Vive等の最新VRヘッドセットに加え、モーション筐体等の特殊ハードウェアを使用する、身体感覚を伴うVRコンテンツを世に送り出しています。メディア掲載多数。 ◾️事業内容 https://hashilus.co.jp/products/ ◾️自社プロダクト https://hashilus.co.jp/products/ ◾️受託制作の実績 https://hashilus.co.jp/works/

Why we do

ハシラス開発「GOLDRUSH VR」
ハシラス開発「みんなの水族館」
ハシラスはVRによる瑞々しい感動体験を万人に提供することで、人の身体と頭脳を活性化し、それによって人や社会の新たな可能性を実現していくことを目指します。

How we do

開発風景
ショールーム
ハシラスは、身体感覚を伴う体感ハードウェアを組みわせた「全身でVR世界に没入できる体験」を実現するVRコンテンツを制作しています。 また、さまざまなVRアトラクションを特注により生産してきたハシラスは、日本国内でもいち早くVRアトラクションの常設運用を行ってきた実績があります。それらの運用データを活用することでエンターテインメントの枠を超え、社会の役に立つVRの制作にも取り組んでいきます。 代表の安藤晃弘は元プロマジシャンです。前歴として、江戸古典奇術「手妻(てづま)」の継承者として藤山晃太郎名義で世界各国で公演を行っており、その芸能の感性と経験を活かしたVRアトラクションの企画・制作・ディレクションを行っています。 さらには、2013年のOculus Rift DK1に始まる日本のVRシーンで活躍している何名ものVRコンテンツクリエイターや、高い技術を持つハードウェア・エンジニアが開発を行っています。このようなハイスキルな開発者集団により、ハイエンドなVRデバイスと、体感を伴う独自開発ハードウェアを組み合わせることで、画期的なVRアトラクションを次々と制作・世に送り出しています。 ソフトウェア制作には主にUnityを使用し、ワークフローにGit、Slack、Trello等を導入しています。

Page top icon