This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

フライシュマン・ヒラード・ジャパン FH Brand Journalism Centerを開設 

フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社(代表取締役社長:田中慎一、本社:東京都中央区)は、2016年5月23日(月)より「FH Brand Journalism Center」の事業展開を開始します。

世界を取り巻くメディア環境が急速にデジタル化し、情報量が飛躍的に増加する中、消費者にブランドやメッセージを届ける事が難しい時代になりました。このような環境の中で、消費者との密な関係を創るためには企業からのセールス的な発想だけでは無く、消費者が「自分事化」できる、コンテンツやストーリーの提供が欠かせません。

本事業は、企業のオウンドメディアが中立的でジャーナリズム的な観点から情報の提供を行い、企業と消費者の相互コミュニケーションを深める為に、コンテンツマーケティングにおける戦略、コンテンツ、プロダクション、テクノロジー、アナリティクスのプロフェッショナルを東京オフィスに集めた専門のスタジオを設立し、日本市場のみならず海外市場で事業展開を行う企業に提供するものです。

また、センターではリアルタイムのソーシャルにおける情報提供のニュース・ルーム機能、危機管理サービスをデジタル上で行うクライシス・マネジメントの機能も同時にスタートします。

フライシュマン・ヒラード・ジャパンでは、FH Brand Journalism Centerの総合プロデューサーとしてデジタルマーケティングのエキスパートである馬渕邦美を、編集長としてデジタルジャーナリズムの第一人者である安倍宏行を招聘し、自社内に専用のスタジオからワンストップでサービス提供します。

フライシュマン・ヒラード社長兼CEOのジョン・サンダース(John Saunders)は以下のようにコメントしています。「世界の企業、マーケティング業界において上質なコンテンツの提供の重要さが増しているのは言うまでもない事実だ。今回の日本でのチャレンジは、フライシュマン・ヒラード・グループがグローバルで経験したノウハウを集約したサービスを、世界に先駆けて提供するものであり、この成功を確信している。」

馬渕邦美は「日本においても、企業が自ら創りだすコンテンツマーケティングの重要性とデジタル上でのクライシス・マネジメントの重要性は飛躍的に増加している。ブランドジャーナリズムは日本のコミュニケーション業界の中で先進的な取り組みであり、素晴らしいプロフェッショナルとこれを立ち上げる事に喜びを感じている」と述べています。

フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings