This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

公務員志望の私だからわかるフェズの魅力。人事インターン・永安の話

はじめまして!武蔵野大学3年の永安朱夏(ながやすあやか)です。

現在は公務員試験の勉強をしながらフェズの人事部でインターンをしています。

今回の記事では公務員を目指す私がなぜベンチャー企業に飛び込んだのか、フェズに入って何を感じるのかをお話していきたいと思います!

私とフェズの出会い

私は小学校まで警察官、中学校から大学にかけて市役所職員を将来の夢としてきて、さらに今、消防士も視野に入れるほど夢に関しては公務員一筋で過ごしてきました。(笑)

大学も公務員講座を受講できるところを選び、大学1年生では市役所との連携した活動に参加し、2年生では東日本大震災ボランティア活動や2018年7月に起こった集中豪雨のボランティア活動にも参加しました。さらに、2019年の年明けに地域を知るため消防団に入団し、訓練などを積み日々奮闘中です。

そんな公務員一色の日々を過ごしてきた私ですが、大学3年生になる今年は「考えているだけではなく、行動しよう」を目標に、自分の視野を広げたいと強く思っていました。視野を広げるために今まで触れてこなかった世界も知ることが必要だと考え、インターンを探していた時にフェズでもともとインターンをしていた人に誘われインターン向けの会社説明会に参加しました。(説明会の様子を詳しく知りたい方はこちらから)


最初の印象は、おしゃれなオフィスだな~。(笑)

今どきのオフィススタイルに社員の方やインターン生の方も私服で、何となくいい会社だなと思っていただけの私は、当時のインターン生・福山さんのお話を聞いてフェズに入りたいと強く思いました。

私と同じ公務員志望で、国家公務員として働くことが決まっていた福山さんに、

「公務員の世界とは真逆のベンチャー企業で働くと、色々な発見があって面白い。特にフェズはインターン生が積極的に意見を言える会社だから自分探しには最適」

と言われ、自分は何か得意で何が不得意なのかわからず、自分の強みって何だろう?と悩んでいた私が求めていた環境がフェズにあることを確信し、フェズに入社することを決めました。

フェズ入社後

入社後は人事部で主に候補者対応、新卒の説明会運営などをしています。

フェズで働いてから一番実感していることは、自分のやりたいことに挑戦させてくれる会社で働くのはとても楽しいということです。

フェズでは「個人の成長が会社の成長へとつながる」という考えがあり、一人一人が自ら成長することをとても大切にしています。

インターン生や社員関係なく「フェズの一員」として働けるので、「これがやりたい!」や「こうしたらもっと良くなるんじゃないか」と思ったときに上司がしっかりと耳を傾けてくれ、自分の可能性を無限に広げることができます。

しかし、それと同時に自ら一歩踏み出さない限り成長はできないということも感じました。

「これやって」「この通りにやって」など、決められた通りに行うことが少ない分、自分で考えてやっていかなければいけません。

私が目指している公務員とは全く違う環境だと思います。

「与えてはくれないが、可能性は無限大」

私にとってフェズはそんな会社です。

これから


自分は何をしているときが楽しいのか、どんなことをするのが好きなのか、どんなことなら頑張れるのかという自分自身の軸をフェズの仲間に刺激を受けながら見つけたいです。

成長して何かを成し遂げたい!という熱い想いを抱えている皆さん、是非フェズにきてみてください!

8月14・19日に説明会を行います。社長やGoogle出身の社員、皆さんと同年代のインターン生と話すことができるチャンスです!(興味のある方はこちらからご応募ください)

株式会社フェズ's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more