This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

優柔不断で達成感のない毎日を送っていた僕を変えた2つの言葉。財務インターン・小池の話

はじめまして!

一橋大学商学部2年の小池悠太(こいけゆうた)です。

9月にフェズに入社し財務インターンとして日々学ばせていただいています。

今回の記事では、私がフェズに入った経緯と共に、フェズで働いていて印象的だったことについてお話します。



フェズに入る前

フェズに入るまでの私について、大学に入る前と入った後に分けて紹介します。

多くの人に当てはまると思いますが、高校までの学生生活では勉強・部活が当然やるべきこととして与えられていて私もそれに従っていました。

従っていたというのは、

①素直に言うことを聞いていた

②相応の時間を費やしていた

という意味です。


この結果、時間をかけてやっているのになぜか結果が出ないし満足もできないという辛い状況が部活においても勉強においても起こりました。

ただ、その過程に意味がなかったわけではなく相応の時間をかけた代償として、

なぜうまくいかないかを真剣に考え、どうすればうまくいくのかのプロセスを考える癖がつきました。

言い換えると、量が質を生むということを高校までに体感できたということです。


しかし大学に入ると、やるべきことの存在しない自由な生活に一変しました。

独り暮らしを始め、授業・サークル・部活・バイトなど無限の選択肢がある解放感を感じる一方で、

どこか優柔不断で達成感のない毎日を送っていました。

やはりその理由としては、時間を使うべき項目が分散されて全てにおいて中途半端に終わってしまうことでした。

高校までに学んだ量が質を生むということを実践できていなかったのです。


フェズに入るきっかけ

やるべきこともやりたいことも日々変わるような大学生活を送っていて気づいたら2年生の夏休みになっていた頃に、サークルのlineグループで先にフェズでインターンをしていた大熊さんから財務インターンの紹介がありました。

その時、私はたまたま財務管理論という講義を通じてファイナンスに興味を持っていたためとりえず行ってみることにしました。

面接では伊丹社長自らが事業について説明してくれました。

オンラインとリアルのデータを整合させるリテイルテックのビジョンに感銘を受けたのを覚えています。

そして企業ファイナンスを一からボトムアップ的に学べると聞きその日のうちに入社を決意しました。


フェズに入ってから

(写真左:私、右:セールスインターン生の柿谷さん


フェズに入ってから自分にとって印象に残った言葉が2つあります。

1つ目は伊丹社長が私が初めて参加した朝会で仰っていた

「仕事をとってくる」

という言葉です。

この言葉の意味は、仕事を待つのではなく自らが主体的に仕事を創ることです。

フェズではスキルのない私が提案した仕事でも周りは真剣に検討しチャレンジさせてくれます。

「個人の裁量が大きい」というのがフェズの特徴であり魅力だと思います。


2つ目は、

「与えられた仕事に関しては120%の力で挑むべき」

という言葉です。

この言葉はインターン生に求めることを社員のかたにインタビューした時にその答えとして仰っていた言葉です。


アルバイトではなくインターン生として働いているのだから、仕事をこなすのでなく、与えられた仕事に対しそれ以上のもので答えようとするべきだと感じました。

120%でやることを前提とした上で自分のやりたいことにチャレンジすべきだと思います。



今のところ私はスキルも知識も不十分で貢献できている部分が少ないですが、120%で仕事をしながら質を高めて、会社の付加価値になるような仕事を自分で作れるようにするのが現在の私の目標です。

株式会社フェズ's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more