This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

What we do

各国が測位衛星を打ち上げており、その数は現在130機超になる
自動化工場では、ロボットの位置や時刻同期に係る制御が重要なテーマ
あらゆるモノがインターネットにつながるIoT時代。そのIoTを支えるプラットフォームとして、つながるモノの高精度な「位置」と「時刻」を提供する仕組みが必要になります。 当社はGPSを中心とした衛星測位技術とモバイル通信技術をコアに据え、これらの技術をかけ合わせることで、位置と時刻に関する先進的なサービスを企画開発しています。 たとえば、超高精度な位置情報を利用した自動運転支援、イベントや大規模施設などでの屋内ナビゲーション、超自動化工場におけるロボット間の時刻同期システムなどの開発などを進めています。 時空情報サービスのNo.1イノベーターを目指し、位置と時刻に関わる新たなサービス創出を進めていきます。

Why we do

代表の篠原は約20年にわたり移動体通信のネットワーク品質分野で通信業界の急成長に携わってきました。 そうした中、当時衛星測位技術の第一人者として活躍する当社取締役の鳥本に出会い、衛星測位技術と移動体通信技術の融合に大きな可能性を見出しました。 両氏は、この融合が人々の豊かな未来に向けての価値創造につながると確信し、それぞれのバックグラウンドが活かせる領域であることから、手を取り合ってイネーブラー社を立ち上げました。

How we do

代表取締役社長の篠原
国内外に250以上の特許を保有
2018年12月にイネーブラー株式会社は測位衛星技術株式会社と合併し、経営統合を果たしました。 2019年1月現在約30名のメンバーが、旧測位衛星技術株式会社の事業を推進しつつ、全く新しい位置と時刻に関連するサービスや製品の開発に携わっています。 イネーブラーは国内外合わせて、約250件の衛星測位技術や通信技術に関連した特許を保有しており、その他申請中の技術も多数有しています。こうした知的財産を活かし、新たなサービス開発に向き合っています。 イネーブラーのメンバーは、主として衛星測位やモバイル通信に関する技術者と顧客に新たなサービスや製品を企画提案し実行する営業兼プロジェクトマネージャーで構成されています。

Page top icon