This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

チーム主導で「まずやってみる」ができる秘訣は、メンバー同士の○○にあり!~Poiboyチームの場合~

Be Professional「プロフェッショナルであれ。」を行動指針の1つとして掲げているDiverseでは、1人ひとりがオーナーシップを持ち、チーム主導でプロダクトをつくっています。

今回は、「Poiboy」チームで働く3名のメンバーにグループインタビューを実施。日頃の仕事ぶりや、チームとメンバーが主体的にプロダクトを動かせる秘訣について語ってもらいました!

《座談会 参加者プロフィール》

池上昌樹(いけがみ・まさき):システムエンジニアやサーバーサイドエンジニアとして活躍。トータルすると13年にも及ぶエンジニア経験を経て、2014年株式会社Diverseにプロダクトの数値分析担当として入社。現在はPoiboyチームのPMを務めている。

當眞大千(とうま・だいち):ミクシィに新卒入社し、mixi やモンスターストライクのサーバサイド開発に従事。親会社の変更に伴い、株式会社Diverseに転籍。現在は組織周りの改善やPoiboyのサーバサイドやインフラに携わっている。

今泉智博(いまいずみ・ともひろ):2017年に株式会社ミクシィに新卒入社後にDiverseのPoiboyチームに配属。iOSアプリのエンジニアとして活躍中。最近では数値分析やチームのスクラム開発進行等iOS以外の業務もマルチにこなしている。

オープンな環境の中、チーム主導でOKRを設定

―昨年、会社全体でOKRが導入されましたが、PoiboyチームはOKRをどのように定めたましたか?

池上:Poiboyチームは3ヶ月単位でOKRを定めています。12月に2回目のOKRを終えて、1月から新たなOKRを設定して日々業務に取り組んでいるところです。

OKRの定め方については、まず1回目のOKRを定める際に、チームでインセプションデッキを作成しました。まず最初に、チーム全員でPoiboyについて思っていることをブレストのようなスタイルで洗い出して、それを整理し頭に入れた上で私、デザイナー、開発リーダーでたたきを作りました。最後にチームでそれを確認して完成させました。チーム全体の腹落ち感をできるだけ確保しながら共通認識をまとめていきたかったのでそのような流れで進めました。

インセプションデッキを作成する中で、さまざまな領域の考えが出ていて思案検討しましたが、特にPoiboyチームの存在する意味について話し合ったことが印象に残っています。そこで導かれた、「女子大生が楽しくイケメンを見つけるアプリを提供する」というミッションを全うするためのマイルストーンとしてOKRを設定しています。ちなみに女子大生、イケメンといった単語はイメージをしやすくするために使っていて、本当に女子大生とイケメンだけを指しているわけではありません(笑)

―OKRを定めるまでの期間としては、どのくらいかかったんですか?

池上:考えの洗い出しから、ゴールの設定まで約2週間ですかね。基本的にプロダクトの進め方は、決め方のフローを含めてチームに委ねられていますね。代表への中間共有はしていましたが、ある程度スムーズに決められたと思います。

今泉:Diverseのミーティングって、上長同士のミーティングであっても、メンバーが見えるようなフリースペースでふらっと行なわれていることがよくあるんですよね。だから、OKRを定めるためにリーダー層がどうやって決めていこうかと話し合っている様子も、オープンだったので、「あ、こんなことを決めるんだろうな」という心構えができていました。それも、スムーズに進んだ要因かなと思います。

當眞:あと、会社として無理に足並みを揃えようとしてないんですよね。OKRだけでなく日々の業務についても言えることなのですが、他のチームとの兼ね合いを気にせず、プロダクトごとにメンバー主導で決めて、実行できるんです。その結果、メンバーの意見も拾ってもらいやすいと思います。

働きやすさアップ!OKRを追う中で生まれたPoiboyチームの改善Day

―Poiboyチームには改善Dayが定期的にあるんですよね?

池上:はい。日々の業務では、OKRの数字目標であるKRに近づくための仕事を優先して進めています。改善Dayは2週間に2日、OとKRに直結しないことに取り組んでよい日として設けています。

今泉:OKRや売り上げに直結する仕事だけをしていると、どうしてもおざなりになってしまう業務があるんですよね。ですから、機能の拡張とか後回しになってしまいがちな業務に取り組める改善Dayが設けられて、非常に助かっています。

池上:実はこの改善Day、会社が定めた制度ではなくて、當眞さんが声を上げてくれたのをきっかけに、Poiboyチーム内で始まったことなんです。

當眞:OKRは目標にフォーカスすることで力を発揮します。しかしながら、普段仕事をしていると目標と関係なくてもやらないといけない仕事が出てきます。目標と関係ない仕事を拾いながら、OKRを同時に追っていくと、今どっちをやっているのかが分からなくなってしまう。だから、OKRを追う日とOKR以外の作業をする日を分けたいなと思って「改善Dayやりたいです」と提案しました。

池上:改善Dayを提案された時も思ったのですが、當眞さんは本当に実行力の権化のような人なんですよね(笑)。まさにDiverseらしく「まずやってみる」を本当に実行しようとしてくれるので、開発リーダーとしても頼もしさを感じています。

今泉:それよく分かります。加えて、問題点の本質にフォーカスする力も、強みかなと感じています。僕自身、日々の業務の中で困っていることを當眞さんに相談すると、まずは問題点をきちんと言語化してくれる、そこから本質にフォーカスしてくれるんです。だから、エンジニアやデザイナーがなんとなく感じていたことを紐解いて、改善Dayとして提案してくれたことは本当に助かっています。


―実際に改善Dayを実行して、その効果はどのように感じていますか?

池上:正直、性質的に数値として表すことは難しいのですが、チームを見ているとメンバーの疲労度が減ったように感じていますね。効果測定はしづらいのですが、僕自身のエンジニア経験に基づいた予想では、中長期でみたときの効果はとても大きいものになると考えています。

今泉:確かに。改善Dayを導入してからOKRの時はOKR、改善の時は改善とすることで集中して取り組めるようになって、疲労度は減りましたね。あと、改善Dayが始まってから、アプリのテストを書いたり開発フローを見直すための時間が増えました。そういう意味では、OKRに直結してないとは言えども、アプリの品質を高めることができていて、結果的にOKRのOの部分に近づいているのかなと感じますね。

―改善Dayで何をするかは、個々人が決めているんですか?

當眞:はい、各自がPoiboyの課題と思っていることを、目標としてあげてもらい自主的に取り組んでもらってます。その時に、今泉さんが率先して改善すべきことを拾ってくれるのが助かっていますね。効率的に働くためのシステムを作ったり、細かい仕様をドキュメントにまとめたりしてくれるので、日常業務が効率化されているなと感謝しています。そういう姿勢とか、丁寧な仕事ぶりを見て、自分が別の業務に追われていて手を付けられない時も、安心して業務を任せられるのでありがたいですね。

池上:分かるな~。今泉さんって、ホスピタリティを持ちながら、まじめに丁寧に仕事に取り組んでくれていますよね。その丁寧な仕事ぶりが買われて、2月に開催される『Droidkaigi』ではiOSエンジニアでありながら、当日のブース運営を一任されたんだよね?(笑)

イベントの当日って、androidエンジニアたちは登壇やブースにきてくれたエンジニアの対応でバタバタしがち。そんな中で、今泉さんにブースの運営を任せられるのは本当に安心だとエンジニアたちからも感謝されていると聞いています。

チーム主導でプロダクトを進められる秘訣は、お互いへのリスペクトと信頼にあり

ー本当に1人ひとりが主体的に仕事を進めているのですね。

今泉:そうですね。もちろん相談することもありますが、「まずやってみる」、それで問題があれば相談するという流れで仕事に取り組めることが多いです。でも、「まずやってみる」を実行できているのは、PMである池上さんがメンバーを信頼してくれているからだと思うんです。

當眞:確かにそうですよね。週に1回、メンバーが感じている課題をふせんに書き出し、チームの課題を洗い出す振り返りの場があったり、自由に発言できる土壌があるんです。メンバーの誰もが自由に発言したり、主体的に仕事を進められるのは、池上さんが心理的安全性のある場づくりをしてくれているおかげですね。

今泉:それは私も感じますね。池上さん自身、エンジニアの経験があるからこそ、無理させるようなスケジュールは立てないですし、メンバーをリスペクトしてくれます。そんな池上さんを私たちエンジニアは信頼していますしね。私たちPoiboyチームのエンジニアが、働きやすさを感じている秘訣はお互いにリスペクトし合い、信頼しているからだと思います。

池上:そう感じてくれていたら嬉しいですね。それは会社全体にも言える面があるかもしれません。実はDiverseは、エンジニア経験者のPMが多かったり、代表の津元さんをはじめエンジニアをリスペクトしている人が多かったりするんですよね。それもあって、細かく口出しするよりもチームに任せた方が良いと思ってくれているのだと思います。


-皆さん、本日はありがとうございました!

◆参考:「Diverse.tech」で改善dayについて発表資料はこちら

株式会社Diverseでは一緒に働く仲間を募集しています。

株式会社Diverseでは、さまざまな職種で人材を募集しています。気になった方、ぜひ一度会社に来てみませんか?たくさんのご応募、お待ちしています!

サーバーサイドエンジニア
Perl・Rubyに、さらなる新技術も導入OK!サーバーサイド技術者募集中
ー 全ての人へ出会いのプラットフォームを ー 時代と共に恋愛観も変化していると言われる昨今。また、恋がしたい時期と人生のパートナーを探す時期では、価値観が異なるのはごく自然なことです。 Diverseはこのような多様なニーズに応えるため、年齢だけでなく、ライフスタイルや価値観がマッチする出会いのプラットフォームを提供し、ニーズに合わせた3つのプロダクトを運営しています。 【3つのプロダクト】 ◆YYC -日本最大級の恋活サービス- http://yyc.co.jp/ 累計ユーザー1400万人以上の恋活サービス。「カフェ友が欲しい」「恋人を見つけたい」などカジュアルな出会いの場として人気。 ◆youbride ー日本最大級の婚活サービスー http://youbride.jp/ 運営実績19年。 180万人以上の方にご利用いただいている婚活サービス。 2018年には2442名の会員が成婚しました。 ◆Poiboy ー女の子から選ぶマッチングアプリー https://poiboy.jp/ 会員数110万人突破! 楽しく「Poi(=いいね)」してイケメンが見つかる、女の子のためのマッチングアプリ。
株式会社ダイバース
Androidエンジニア
Androidエンジニア、募集中。私たちと一緒に社会問題を解決しませんか?
ー 全ての人へ出会いのプラットフォームを ー 時代と共に恋愛観も変化していると言われる昨今。また、恋がしたい時期と人生のパートナーを探す時期では、価値観が異なるのはごく自然なことです。 Diverseはこのような多様なニーズに応えるため、年齢だけでなく、ライフスタイルや価値観がマッチする出会いのプラットフォームを提供し、ニーズに合わせた3つのプロダクトを運営しています。 【3つのプロダクト】 ◆YYC -日本最大級の恋活サービス- http://yyc.co.jp/ 累計ユーザー1400万人以上の恋活サービス。「カフェ友が欲しい」「恋人を見つけたい」などカジュアルな出会いの場として人気。 ◆youbride ー日本最大級の婚活サービスー http://youbride.jp/ 運営実績19年。 180万人以上の方にご利用いただいている婚活サービス。 2018年には2442名の会員が成婚しました。 ◆Poiboy ー女の子から選ぶマッチングアプリー https://poiboy.jp/ 会員数110万人突破! 楽しく「Poi(=いいね)」してイケメンが見つかる、女の子のためのマッチングアプリ。
株式会社ダイバース
UIUXデザイナー
社会問題を解決するアプリで、デザイン経験をもっと磨いてみませんか?
ー 全ての人へ出会いのプラットフォームを ー 時代と共に恋愛観も変化していると言われる昨今。また、恋がしたい時期と人生のパートナーを探す時期では、価値観が異なるのはごく自然なことです。 Diverseはこのような多様なニーズに応えるため、年齢だけでなく、ライフスタイルや価値観がマッチする出会いのプラットフォームを提供し、ニーズに合わせた3つのプロダクトを運営しています。 【3つのプロダクト】 ◆YYC -日本最大級の恋活サービス- http://yyc.co.jp/ 累計ユーザー1400万人以上の恋活サービス。「カフェ友が欲しい」「恋人を見つけたい」などカジュアルな出会いの場として人気。 ◆youbride ー日本最大級の婚活サービスー http://youbride.jp/ 運営実績19年。 180万人以上の方にご利用いただいている婚活サービス。 2018年には2442名の会員が成婚しました。 ◆Poiboy ー女の子から選ぶマッチングアプリー https://poiboy.jp/ 会員数110万人突破! 楽しく「Poi(=いいね)」してイケメンが見つかる、女の子のためのマッチングアプリ。
株式会社ダイバース
Director/manager
20代女性の幸せな恋愛や結婚を応援するアプリ、ディレクターを募集中です!
ー 全ての人へ出会いのプラットフォームを ー 時代と共に恋愛観も変化していると言われる昨今。また、恋がしたい時期と人生のパートナーを探す時期では、価値観が異なるのはごく自然なことです。 Diverseはこのような多様なニーズに応えるため、年齢だけでなく、ライフスタイルや価値観がマッチする出会いのプラットフォームを提供し、ニーズに合わせた3つのプロダクトを運営しています。 【3つのプロダクト】 ◆YYC -日本最大級の恋活サービス- http://yyc.co.jp/ 累計ユーザー1400万人以上の恋活サービス。「カフェ友が欲しい」「恋人を見つけたい」などカジュアルな出会いの場として人気。 ◆youbride ー日本最大級の婚活サービスー http://youbride.jp/ 運営実績19年。 180万人以上の方にご利用いただいている婚活サービス。 2018年には2442名の会員が成婚しました。 ◆Poiboy ー女の子から選ぶマッチングアプリー https://poiboy.jp/ 会員数110万人突破! 楽しく「Poi(=いいね)」してイケメンが見つかる、女の子のためのマッチングアプリ。
株式会社ダイバース
マーケティング担当
マジメに社会問題の解決を目指す当社で、マーケターとして活躍してみませんか?
ー 全ての人へ出会いのプラットフォームを ー 時代と共に恋愛観も変化していると言われる昨今。また、恋がしたい時期と人生のパートナーを探す時期では、価値観が異なるのはごく自然なことです。 Diverseはこのような多様なニーズに応えるため、年齢だけでなく、ライフスタイルや価値観がマッチする出会いのプラットフォームを提供し、ニーズに合わせた3つのプロダクトを運営しています。 【3つのプロダクト】 ◆YYC -日本最大級の恋活サービス- http://yyc.co.jp/ 累計ユーザー1400万人以上の恋活サービス。「カフェ友が欲しい」「恋人を見つけたい」などカジュアルな出会いの場として人気。 ◆youbride ー日本最大級の婚活サービスー http://youbride.jp/ 運営実績19年。 180万人以上の方にご利用いただいている婚活サービス。 2018年には2442名の会員が成婚しました。 ◆Poiboy ー女の子から選ぶマッチングアプリー https://poiboy.jp/ 会員数110万人突破! 楽しく「Poi(=いいね)」してイケメンが見つかる、女の子のためのマッチングアプリ。
株式会社ダイバース
株式会社ダイバース's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more