This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

キャリアプランを描くことは結構難しい。キャリアの〇〇%は偶発的なものだから。

こんにちは。CROOZのプライスレスです。最近インターンであった学生とかが、キャリアプランに苦悩している様子なので、書いてみます。

タイトルの質問への答えは、8割です。

結構な高さですよね。。。

解説に入ります。 皆さん、「計画された偶発性理論」をご存知でしょうか?


「キャリアの8割は偶然によって決定される」

というスタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が20世紀末に提案したキャリア理論です。


なんで、8割も偶然かというと、昨今の変化が速い時代において、計画的にキャリアを描くことが非現実とされており、その描いたキャリアプランが数年後には、なくなる可能性もあるからです。※VUCAについて→https://www.wantedly.com/companies/crooz/post_articles/63391

実際、私も現在クルーズにいるけど、ここにいるのは決して計画的ではなく、人との出会い等々の“きっかけ”があったからです。(なんなら営業メールが“きかっけ”)


一方で、何もしなくてもいいか、というとそういうわけではなく、その偶発を意図的にキャリアステップにすることが必要になってくる。そのためには、好奇心や柔軟性、冒険心…etcが必要とのこと。

つまり、その“きっかけ”をツクろうとしないといけないし、気づけなければいけないし、その“きっかけ”をモノにする行動力がなければいけない。

「今」の自分のあり方を考え、今すでにある出会いや出来事に向き合ってみるといいかも。


とはいえ、「未来」も重要。目標を持たなければ、そもそも行動も起きないだろうし、どう行動すべきかの方向性もわからない、正確な判断・意思決定ができなくなる。


だから、「未来」も考えて、「今」すべきことを導き出してみてはいかがでしょう?

気になった方は、「計画された偶発性理論」をググってくださいませ!


<追伸>

第2回インターンシップが開催されました!今回も活気がある学生ばかりで楽しかったです!

まだ、募集してますので、ご応募お待ちしております!!

クルーズ株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings