This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

What we do

時価総額1兆円を実現するために 私達は「CROOZ永久進化構想」という仕組みを立ち上げました。
CROOZ永久進化構想というのは「次世代の事業の誕生と成長」を実現させることが可能だと考えております。
クルーズは、2018年5月10日をもって 全ての事業を子会社化し、純粋持株会社となり グループ経営への移行を決定しました。 クルーズは「20XX年までに時価総額1兆円以上」という超長期的目標を掲げ、 将来的に株主・投資家、顧客、社員、社会その他すべてのステークホルダーに 大きな価値を還元したいと考えています。 そのためにも、次世代の事業を創り続け、 さらなる次世代の経営者を育てなければ、企業は成長し続けられません。 たとえ規模が大きくなったとしても、創業期のようなスピードを 維持できなければ企業の成長はいつか止まります。 つまり、この目標を達成するためには、 次世代の事業と経営者の誕生と成長、永遠のベンチャースピード を手に入れることが必要不可欠だと言えます。 これらを手に入れ、「20XX年までに時価総額1兆円以上」という超長期的目標を実現するために 私達は「CROOZ永久進化構想」という仕組みを立ち上げました。 永久進化構想の詳細はこちら https://youtu.be/4XVG_1E21R8

Why we do

【「20XX年までに時価総額1兆円以上」という超長期的目標】 インターネットの時代を動かすことで私たちが実現したいことは、インターネットの発展を社会還元する事です。 私たちが思うインターネットの発展を社会還元することとは、インターネットにより出来ることが増えることです。 例えば、世界中の情報が瞬時に検索できるようになったり、地球の裏側の人と顔を見ながら今すぐ話ができるようになったり、お店まで行かなくても買い物ができるようになること。でも、もっと早く、もっと沢山、テクノロジーの進化を"社会還元"していければ社会はもっと良くなると信じています。私たちが思うにその中心にあるのがシリコンバレー。 シリコンバレーには優秀なヒトとばく大な資金が集まって、失敗してもセカンドチャンスがあって、スピーディーに大きな可能性に賭けられるエコシステムがあります。事実、社会を豊かにするテクノロジー・ビジネスが生まれています。そのようなエコシステムを日本にも、クルーズの中にも創れたら、インターネットの発展の"社会還元"が加速すると信じています。 テクノロジーは次々に進化していきますが、それが実際に多くの人の手元に届くまでには時間がかかります。時代を動かす起業家や経営者・事業家が数多くいれば、より早く実現できると考えました。 この想いを実現するために、 超長期的目標である、「20XX年までに時価総額1兆円以上」ということにチャレンジし続けます。

How we do

本社の年代は20代~40代と幅広く、法務部は現在4人の少数精鋭で、他部署との交流を持ちながら業務にあたっています。 働き方は多様ですので、あなたらしく働くことが可能な職場です。 社員や会社の様子は下記をチェックください! https://trend.crooz.co.jp/

Page top icon