This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

私たちは、ネットショップ向けにの自動出荷サービス「LOGILESS」を提供しているSaaSカンパニーです。 ■ サービスURL http://www.logiless.com/ 1. ロジレス ネットショップの受注・在庫・出荷・倉庫管理をトータル支援するSaaSプロダクトです。 ネットショップが抱える無駄な作業を無くし、ロジレスを使って、業務の自動化・効率化を進めます。 2. ロジレス倉庫紹介 ロジレスでは、システムの提供に加えて、在庫管理・出荷業務のアウトソース先の倉庫を紹介しています。 ■ サービス・コンセプト 「ワイドでディープ。だけど、シンプル。」 相反する要素を実現させようとしています。 受注~出荷までを、たった1つのプロダクトで完結できる適応範囲が非常に広い(ワイド) ECの業種に応じた細かい要件にも対応できる汎用的な機能を実現し(ディープ) 以上を満たす複雑なプロダクトを、プロセスを定義して使いやすく提供する(シンプル) ■ 事業フェーズ 2018年末にシードラウンドとして資金調達(5000万円)を実施しました。 その後、事業は順調に成長しており、2020年にはシリーズAを予定しています。 ■メディア掲載実績(一部) 【TechCrunch】 https://jp.techcrunch.com/2019/02/26/logiless-500-startups-japan/ 【BRIDGE】 https://thebridge.jp/2019/02/logiless-jpy50m-funding ■イベント登壇実績 【IVS LaunchPad 2019 Summer Kobe】 https://www.youtube.com/watch?v=JnKhS-DBx_s 【Incubate Camp 12th】 https://thebridge.jp/2019/09/incubate-camp-12th

Why we do

■ 「あるべき姿に変えていく」 ロジレスは、世の中のムダや非効率を無くし、「あるべき姿に変えていく」ことをミッションとしています。 世の中には、無駄な作業がたくさんあります。 その中でも、EC業界は、情報とモノが絡み合う複雑な業界で、気づきにくいムダがたくさん存在しています。 最大の問題は、関係者が無駄なことだと思っていないことです。 自分たちがやっている作業は、必要だと思ったり、どうしようもないと思っています。 人は、創造的なことに時間を使うべきです。 今、非効率なことに時間をとられてしまっている現状から、効率的でスマートに働ける社会に変えていこうとしています。

How we do

■ 「働く」のあるべき姿 事業とそこで働く人たちの気質は同じであるべきだと考えています。 それが、会社にとっても、個人にとっても、最適なマッチングになります。 ロジレスの場合、SaaSプロダクトであることに加え、製品のカバー領域が広い上に細かいです。 やることは多いですが、ひるまずに、一歩ずつ着実に業務を進めて行く必要があります。 仕事は、真面目に、楽しく、有意義に。 生徒会のようなスタートアップです。 - 「あるべき姿」に向かって、きちんと考えて、行動できる人 - 表面的ではなく、本質的な課題を認識し、解決していける人 - レバレッジが効くポイントを探して、提供できる人(汎用的な価値を重視している)