This page is intended for users in Germany(English). Go to the page for users in United States.

飽き性だから、常に何かを生み出せる会社を選んだ。|BE人事ネサキングの社員インタビュー

こんにちは。BEの人事、ネサキングです。今回は、TechStars事業部のシニアコンサルタント、山口 偉大(ヤマグチ タケヒロ)のインタビューをお送りします。

山口は一部上場のPR会社に入社後、グローバル×エンジニアHR領域の人材会社に転職。2社を経た後、BEに入社しています。

彼のキャリアの遍歴、学生起業、PR会社への就職と人材会社への転職を経た山口が、なぜBEに入社したのか。そして、今後の目標など。背景と今後に迫ります。

学生起業、そして撤退、就職

ー学生時代には起業していたんだよね。

そうですね。学生時代、友人と一緒にEC(イーコマース)を運営していました。海外からサプリを輸入。まとめ売りによって他社よりも安く販売し、利益を得るモデルです。ただ、結局最後は失敗してしまいました。

ーそれはどうして、失敗したの?

失敗と言っても、うまく収益は回っていました。ただ、トラブルに巻き込まれたり、仲間とうまく事業を推進することができず、撤退をしてしまったんです。

ただ、その時は大学3年。事業は撤退したけど、自分が身に付けたいスキルがわかりました。それは「PR」と「採用」だなと。

ー起業した経験が、必要なスキルの理解に繋がったと。

はい。リアルでも、オンラインでも、プロモーションには力を入れていたのですが、色々と難しさは感じていた。そこで、プロモーションの経験は必要だなと感じたんです。

あとは、誰と働くかというところに重要性を感じました。仲間とはうまくやれるものの、方向性の違いを感じることも多かった。人材会社は転職で入ろうと思っていたので、最初はPR会社に就職することにしました。

事業もビジョンもマッチした

ーなるほど。けっこう実直なキャリアの積みかただね。その後、人材会社に就職したんだよね。

はい。1社目のPR会社は、とてもやりがいもありました。PR案件の営業から、プロモーターまで。年間受注の販売とスポットの販売がありましたが、提案からイベントの実施まで全部やりました。

1年働いて、やりがいもあったし楽しかった。ただ、ものすごくハードで、朝まで働くのは当たり前、という働きかたをしていました。家庭の事情もあって、その働きかたができなくなったので転職をしたんです。

ーそれで、人材業界にきたと。

人材業界も厳しいとは言っても朝まで働くことはありませんからね。それで、2015年3月に退職して、4月に入社。グローバル×HR×エンジニアという領域の会社でした。大学3年の時に起業して、その後4年のときにオーストラリアに行っていた時期があったのですが、その時期の経験から「グローバル」は軸にしたいなと思っていたんです。

ーグローバル×HR×エンジニアっていう領域も珍しい。そこから転職を決めた流れは?

2017年の3月、BEに入社したんですが、その前に人材の会社が買収されました。前職は40名くらいの規模で、裁量もあったし、事業部も2つ任せてもらえていい環境でした。ただ、それ以上に「スタートアップ」や「実力主義」の会社に身を置いていきたかった。それに、HR×エンジニアという領域に軸を置きたいという考えもありました。

僕自身、プロダクトやテクノロジーが好きで、プログラミングスクールにも通っていました。ただ、前職では途中までエンジニアがいなかったり、テックの話ができる人がいなかったり。僕としては不満もあったんです。

その時期に、現在一緒に働いている今井と偶然飲んで、BEの話を聞いた。事業の領域も、カルチャーも、絶対にマッチすると確信して、その時に代表の高原を紹介してもらいました。

ーすごい、ピンポイントにマッチしたんだ。

そうなんです。高原とランチして、絶対に合ってると確信して、会ったその日に内定承諾という感じでした。

ー早いね(笑)見た目はマイルドだけど、実態は激しい性格なんだね。

激しいですかね(笑)

毎日新しいことが生まれ続ける会社で。

ーそんな経緯で入ったBEは、入社前後のギャップはあった?

いえ、僕は特に感じなかったですね。ただ、BEに合わない人がいるとしたら、自分で仕事を作れない人かなと思います。BEって新しいことが異常に多くて、新しい仕事のルールを定義したり、オペレーションを組んだり、ビジネスを作る側じゃないと耐えきれないことが多いんです。

オペレーションを組まれてる業務に慣れていたり、仕組み化された中で働くことに慣れている人は大変だろうなと。逆に、自走できる人や、仕組みを作る側に喜びを感じられる人は向いていると思います。

ー「つくる側に育つ」っていうことはあると思う?

可能だと思いますね。そういう思いがあれば、作る側にいける。組織として視座が高いし、目標数字も高い。BEのメンバーはそれに屈しないで、達成するために逆算して、思考して動いている。それは前職と比較してもすごいと思うし、そこを諦めなければ自走できる人材になるんじゃないかなと思っています。

ーなるほど。ありがとうございます。あとは最後に、今後の目標を教えてください。

筋としてあるのは1つです。僕が飽き性で、それは強みでも、弱みでもあると思っているんですが、新しいことをしていないとダメな性分なんです。だから、ずっと新しい事業を立ち上げ続ける。そこに携われればいいなと思っています。HR領域じゃなくてもいいと思っています。

その話でいうと、BEって意味わかんないくらい、毎日新しい話が持ち上がってくる。スタートアップな環境や文化がずっと続くし、何かが生み出されていくことをよしとして、そこを追い続けている。なので、目下今の事業部を立ち上げ、成功させる。そしてその次の挑戦に向かいたいなと思います。

山口 偉大

Tech Stars 事業部 シニアコンサルタント
早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業後、一部上場のPR会社へ入社。ナショナルクライアントからベンチャー企業まで、様々な企業様のPR支援業務に従事。その後、日本の人材ビジネスをテクノロジーの力で変革すべく人材業界へキャリアチェンジ。グローバル採用を手がけるベンチャー企業にて、国内における人材紹介事業および海外ITエンジニア人材採用支援事業の立ち上げを経験。その後、スタートアップでの挑戦を志ざし、Branding Engineerに入社。人材紹介事業立ち上げをおこなっている。

株式会社Branding Engineer's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings