This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

『日本ならではのプロダクトをつくりたい』DeNA子会社の取締役を経て、Azitを選んだ入社ストーリー


こんにちは。株式会社Azitでプロダクトオーナーをしています、山口と申します。
この記事をきっかけに、AzitやCREWというプロダクトに少しでも興味を持っていただけたらと思います。

学生時代の価値観

負けず嫌いで自己評価が高かった幼少期

親が剣道をやっていたということもあり、中学・高校時代はずっと剣道をしていました。
結果として、受験の時期『志望校を下げろ』と言われるほど成績も落ち込みましたが、それでも必死に勉強したら志望校に入れたことで、必死にやればできる!ポジティブに考えるようになりました。
高校時代も朝から晩まで剣道に青春を捧げ、首の骨を折っても剣道していたりと、ストイックだったなあと今では思います。

そんな中高時代とは打って変わって、大学に入ってからはひたすらに読書をしていました。
中国文学専攻でしたが、大学院にいくつもりだったので図書館にいた時間が一番長かったような気がします。
ありがたくも、中国に留学させてもらえたのが大学生活で一番大きい経験でした。
海外生活で外国人学生寮で生活をする中で、はじめて日本人としての自分を客観的に理解しはじめ、ここから、日本人というアイデンティティが芽生えたように思います。
これが後に現在の会社を選択することになる、1つの原体験になっていると思います。
そして文学部の院生は職探しが大変だということに気づき、就職することにしました。


1:やれば出来るというポジティブな姿勢(後に折れる)
2:1つのコトに打ち込むストイックさ
3:留学を経て感じた日本人というアイデンティティ

これが、学生時代の自分を表す要素だと思います。

20代で取締役に 〜DeNA Games Tokyoの立ち上げ〜

就職しようと決めた後は明確にこの業界・会社にいきたいというものは特になく、
人が面白そうという理由で、初任給も事業も知らない状態でDeNAに入りました。
DeNAは『知的体育会でロジカルシンキングが強い、圧倒的速度感でコトに向かう』というのを大規模組織でやっている会社でした。


2012年に新卒でDeNAヘ入社してからは一貫してゲーム事業に携わっていました。
『三国志ロワイヤル』の立ち上げから運営まで携わり、プロデューサー、ディレクター、プランナー、シナリオライターなど、ありとあらゆる業務をしていました。『DGTの頃のインタビュー記事』その後DGT(DeNA Games Tokyo)の立ち上げメンバーとしてアサインされ、20代で取締役を経験しました。オフィスを探すところから始まって、なかなかのスピード感で会社が設立されたと思います。

200人規模になったDGT全体の方針策定や組織作り、採用を行うまで、
これら全ての経験がAzitでプロダクトオーナーをする上でベースとなっています。
DeNAに入社したことで今の自分があることを実感し、新卒でDeNAを選んで良かったと改めて感じています。

新卒で入社してDGTの立ち上げを経験させてくれたDeNAでは、働くことに対する姿勢を学びました。
・コトに向かう
・発言責任
・雨が降っても自分のせい
カルチャーが有名なDeNAですが(雨が降っても自分のせいは、松下幸之助さんのお言葉ですが)、間違いなく今の自分の働くスタイルを作っていますし、身の丈に合わないミッションをもたせてもらう中で、何度も挫折したりと、自分に甘い性根を叩き直されたなぁと感じる非常に良い経験をさせてもらったと思います。

Azitとの出会いと決断

現在Azitで取締役をしている須藤からYOUTRUSTというサービス経由で連絡があり、一緒にとんかつを食べに行ったことがキッカケです。須藤と話す中で、Azitに対して大きく2つ感じることがありました。

・人がおもしろそうだ
・日本ならではのプロダクトを作ることができそう

Azitはまだ若い会社でありながら、変なプライドを持たない人がコトに向かっているなあ。と思い、DeNAに入社した新卒の当時と同じく『人』という軸で魅力を感じました。
また、当時は中国関連事業を立ち上げていたりと、好きな中国で働くという選択肢もあったのですが、家族が中国には行かないと決断したので、自分も日本に残ると決めました(笑)
日本にいるなら日本じゃないとできないプロダクトを作りたいと感じるようになっていたので、そういった点でもAzitに興味を持ったのだと思います。
当時の私は、やりたい仕事も出来ている状況だったため、正直転職には迷いがありました。
とはいえ、1つの大企業に長くいることによって自分の世界が狭くなるリスクも感じており
最終的には、須藤と話して感じていた『人』という魅力や、日本ならではのプロダクトを作ることが出来ること、そして勢いもあってAzitで働くことを決断しています。

私から見たAzitは、
マネージャー経験やファイナンスなどのスペシャリティを持った人間を採用出来ているという強みや、
担保しにくい情報の透明性に対してちゃんと向き合っているという良さが印象的です。入社した現在も人軸で感じた印象は何のギャップもなく、ユーモア✕地頭の良さ✕フラットという印象が強いです。 つらい状況の時に、きちんと任せて支え合いができるという中で、ユーモアさを失わないAzitは素直に良いなあと感じます。

入社してやっていること

Azitに入社した現在は、プロダクト責任者を担当していますが
日を追うごとにCREWのサービスの可能性をますます感じるようになっています。

その理由は
・ステークホルダーの巻き込みなど含めて、難易度が非常に高い
・資金があればなんとかなるわけではなく、地域毎に異なる課題解決やニーズを満たすことにより、各地域の人に必要とされるサービスになる必要がある 
・つかってくださっている人が、重要だと思って一緒になって課題を考えてくださっている
など様々です。そんな環境下でAzitのプロダクトを作っている私達が
組織として相当レベルの高い状態になっていたいし、なっていかねばならないと感じています。

Azitで今後やっていきたいこと

都内では20時〜深夜3時にサービスを提供していますが、地方の場合はエリアによってCREWのサービス提供時間は異なります。地域ごとにニーズが異なっているからです。
観光客が非常に多く交通手段が足りていない地域に対しては、交通が不足している時間に合わせて移動を補完しなければ意味がありません。このように、エリアの特性に合わせたサービス提供もさることながら、
CREWというドライブシェアサービスは、サービスモデル上ステークホルダーが多く複雑で
プロダクト作りの意思決定も難しいです。そんな中ですばやくニーズを満たす開発スタイルを作り上げたいと考えています。

こんな人と働きたい

自責な人、ユーザーに向かっている人

Azitは一言で『こんな会社です』と言い表すことが難しいほど、個性豊かで優秀なメンバーが熱い想いを持って働いています。
これからプロダクトチームに新たに加わってくださる方がいるのであれば

・自責な人
・ユーザーと向き合っている人

そんな人であってほしいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社Azit(CREW)'s job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more