What we do

AIのビジネス実装における課題を解決し、AIの継続的インテグレーションを実現するために必要となる、 データの取得、蓄積、学習、デプロイ、推論、再学習のパイプラインを 一貫して実装できる環境を提供する、ABEJA Platform
データ取得から解析まで、 ABEJA Platformを利用して 各業種の変革をサポート
ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴量を自動的に抽出する「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスのイノベーションを促進するスタートアップ企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術はすべて自社で開発しています。 コア技術であるAIプラットフォーム「ABEJA Platform」を活用し、ダイキン工業株式会社、武蔵精密工業等との協業を実施、各種ソリューションを様々な業界に提供し、150社以上でAIの本番運用を実現しています。また、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界向けのパッケージサービス「ABEJA Insight」の提供を行っており、これまで、パルコ、ICI石井スポーツ等、国内大手小売・流通企業を中心に約100社520店舗(2018年12月末時点)以上への導入実績を有します。 2017年3月にはシンガポールに現地法人『ABEJA Singapore Pte. Ltd.』を設立し、ASEANを中心としたグローバル展開も進め、同年4月には、NVIDIA社から出資を受け、アジア企業初の資本業務提携を実施しました。 https://blogs.nvidia.com/blog/2017/11/30/nvidia-data-science-investments/ https://blogs.nvidia.co.jp/2017/12/28/gtc-japan-2017-inception/ 2018年6月には、NVIDIAを含む42.5億円の資金調達を行い、同年12月にはUS Googleからの出資もいただきました。 https://abejainc.com/ja/news/article/20181204-2352 【展開事業】 1.Insight for Retail https://abejainc.com/insight/retail/ja/ 「「AIは“魔法の杖”ではない」 先駆企業ABEJAに聞く、アパレル企業の注意点」 https://www.wwdjapan.com/717295 2.ABEJA Platform https://abejainc.com/platform/ja/ 2018年2月22日、ABEJAで初となる1000名規模のAIカンファレンスを実施 https://six.abejainc.com/reports/ 3.ABEJA Annotation https://abejainc.com/platform/ja/feature/annotation/lp/03 https://goo.gl/1UAuCM 「作業じゃない、データ作りだ。アノテーションから考えるAIビジネスの正攻法」 https://ledge.ai/theai-2nd-abeja/

Why we do

【ミツバチの様に技術の種を運び、イノベーションの循環を生み出す】 ABEJA(アベジャ)は、スペイン語で「ミツバチ」の意。 植物の受粉を手伝い、世界の食料生産を根本から支えるミツバチのように、社会とってなくてはならない存在になろうという思いが込められています。 世界中に散らばる技術の種を見つけて、新たな事業を生み出す。そして、事業で得た収益を研究開発に投資して、次の技術の種を作る。このプロセスを繰り返し、イノベーションを起こし続けるテクノロジーカンパニーを目指しています。

How we do

ABEJAはテクノロジーとビジネス双方の観点を持つ「Technopreneur」が集まったチームです。
インド、ベトナム、中国、フランスなど多国籍のメンバーが在籍しており、多様性を大切にしています。
■ABEJAが掲げる5つのクレド 企業の意思決定における優先順位を定めています。 1.Innovation(革新性) 2.Sociality(社会性) 3.Members(メンバー) 4.Client(クライアント) 5.Profit(利益) https://abejainc.com/recruit/ja/message/ ■世界中から集まる仲間 10ヶ国籍以上からメンバーが集い、メンバーの25%はインターナショナル。外資系、東証1部上場企業の経営幹部、スタートアップ経営陣、ITメガベンチャーなど様々なバックグラウンドを持つメンバーが、専門性を活かして活躍しております。

Page top icon